• イベント
  • 国際交流学科
  • 地域連携

下関市勝山地区「産業文化祭」国際交流学科が出店

国際交流学科は、11月3日に開かれた下関市勝山地区産業文化祭に、各国料理の店を出店しました。


産業祭への出店は、国際交流学科1年生の恒例の行事となっており、毎年出店に向けて,メニューの話し合いを重ねてきました。今年は、1年生の多国籍を反映して、ベトナム料理、ネパール料理、韓国料理、ミャンマー料理を出店しました。


留学生と日本人学生が一丸となって作った料理は大変好評で、あっという間に完売しました。


料理を購入したお客様からは、「おいしかった」という声とともに、「日ごろ食べられない珍しい本格的な料理を食べることができてよかった」「学生さんたちが協力して本当にがんばっていた」という声が聞かれました。


今回の出店で、学生同志の結びつきも強くなるとともに、地域との結びつきも一層強まりました。