• イベント
  • イベント
  • 地域連携

「下関の作家を顕彰するー鬼才・赤江瀑の百花繚乱ー」山口県大学ML連携特別展

毎年、山口県内の大学では、付属する図書館や博物館が連携し、山口県大学ML(ミュージアム・ライブラリー)連携特別展を開催しています。


今年の展示テーマは、『ひらく』です。


2018年10月から2019年1月まで、東亜大学はもちろんのこと、県内の大学(下関市立大学、下関短期大学、水産大学校、梅光学院大学、宇部フロンティア大学、山口東京理科大学、山口大学、山口学芸大学、山口芸術短期大学、山口県立大学、至誠館大学、徳山大学、岩国短期大学)の図書館や博物館が連携して、テーマに合わせた特別展を開催しています。


東亜大学では、『下関の作家を顕彰する~鬼才・赤江瀑の百花繚乱』と題して、展示をおこなっています。


赤江瀑(本名長谷川敬)は、6人兄弟の次男として1933年下関市に生まれました。小説家・劇作家として幻想耽美の世界を切り開き、第12回泉鏡花賞をはじめ角川賞など数々の賞を授かっています。

赤江作品には、バレー、絵画、歌舞伎、能、書画、彫刻など芸術・芸能・工芸などをテーマとした作品が多く見られます。今回、これらを裏付ける蔵書や著作本原稿を、東亜大学付属図書館で展示しています。


入場は無料です。お気軽にお立ち寄りください。


東亜大学付属図書館の所在地・お問合せ先
住 所:〒751-8503 山口県下関市一の宮学園町2-1
駐車場:有り
    ※JR新下関駅から徒歩約10分
電 話:083-257-5111(直通)
e-mail:tosyo(@)toua-u.ac.jp


開催要項
開催期間:10月9日(火)~12月21日(金)
開催時間:9時~19時
 休館日:土曜日、日曜日、祭日
     ※土曜日は月に2日間閉館。

主催:山口県大学ML連携事業事務局

共催:大学リーグやまぐち
   山口県大学図書館協議会

後援:大学博物館等協議会
   山口県博物館協会
   山口県図書館協会