• イベント
  • トータルビューティ学科

外資系コンサルティングファーム マネージャー「多武高博氏」がトータルビューティ学科客員准教授に就任



東亜大学では、美や装い/粧いについて科学の視点から研究をおこない、主体的に美を創造し提供できる豊かな感性と見識をもつ人材育成をおこなうため、トータルビューティ学科を設置しています。


このたび、美や健康を実現するためのサービスや商品、環境を提供するためのプランニングや企業活動について考え、健康と美、生きがいを提供し、人々のニーズに応え社会貢献する独創的なイノベーションを誘導する研究と教育を推進させるべく、平日は外資系コンサルティングファーム マネージャーとして活躍するかたわら、週末に本格的なビジネス理論やスキルを「はたらく女性のかていきょうし」として個別コンサルティングやセミナーをおこなう多武高博氏を、東亜大学トータルビューティ学科客員准教授に招聘しました(9月1日付け就任)。


今回の多武高博氏の客員准教授就任により、トータルビューティ学科がおこなっているアントレプレナーシップ(起業家)教育やベンチャービジネス教育がより推進され、起業家マインドをもった人材育成が充実していくことが期待されます。


【多武高博氏プロフィール】
英国国立ウェールズ大学院経営学修士(MBA)。外資系婦人肌着メーカー、外資系スポーツブランドを経て現在は外資系コンサルティングファーム に勤務。平日に企業向けのコンサルタントとして働くかたわら、週末に働く女性への個人コンサルティング(かていきょうし)をおこなっている。気軽なおしゃべりを通して女性の想いを聴き出し、分かりやすく整理する「かてきょ」スタイルと、女性向けにデザインした新しいフレームワーク「しごとのお作法」が、はたらく女性に好評。