• イベント
  • トータルビューティ学科

映像プロデューサー品川一治氏が「トータルビューティ学科」客員教授に就任しました

東亜大学では、美や装い/粧いについて科学の視点から研究をおこない、主体的に美を創造し提供できる豊かな感性と見識をもつ人材育成をおこなうため、トータルビューティ学科を設置しています。

トータルビューティ学科では、高い美意識とセンス、美容室を経営していくために必要なビジネスマインド、急増する外国人顧客に対応できる国際感覚 / 語学力を身につけるため、4年で世界1周を目指す海外研修をおこなうなど、専門学校では不可能な、大学だからこその取り組みを実施しています。

このたび、美やよそおいを学術的にとらえ、プロフェッショナルとして必要な知識や技術をすべて身につけるための教育と実践を充実させるため、世界の第一線で映像プロデューサーとして活躍している品川一治氏を、トータルビューティ学科客員教授に招聘しました

今回の品川一治氏の客員教授就任によって、海外で活躍するために必要とされるスキルと経験などを伝える科目やヘアーデザイナーとしての表現力を高める科目の開講などが予定されており、トータルビューティ学科の教育と研究は、よりグローバルで学術研究に裏打ちされた実践的なものとなっていきます。

7/26開催!アメリカと日本を股にかける映像プロデューサー品川カズが語る「世界が求める生き方」
品川一治氏による講演会を開催します。入場無料。
詳しくは、こちらから ⇒ https://www.toua-u.ac.jp/archives/6350

【品川一治氏】
トボガン代表取締役。1967年東京生まれ。大学在学時より、『Can Cam』などの雑誌編集に携わる。1993年に渡米。ハリウッドの独立系スタジオApricot Entertainmentでの修行ののち、俳優学校Hollywood Actors Academyを創設。1996年に独立、日米欧の広告、雑誌等の企画、撮影のプロデュースを主業務としたKazcoordinationinc.(現toboganUSA)を立ち上げ現在に至る。2010年4月に日本へ居をうつし、クロスメディアを駆使したPR、マーケティング、コンテンツ制作を行う株式会社トボガンを立ち上げる。芸人、映画監督である品川祐(ヒロシ)氏の実兄。