• イベント
  • トータルビューティ学科
  • 入試情報

大学で美容師を目指そう!

高等教育修学支援制度(給付型奨学金・授業料減免)
東亜大学は文部科学省による要件確認を受け、国の「高等教育の修学支援新制度(授業料減免・給付型奨学金)」の対象大学に認定。これにともない、高等教育の修学支援新制度による給付型奨学金と併せて授業料減免が受けられます。そのため、入学金や授業料などを心配せずに進学・学習ができます。詳しくは、東亜大学事務局(083-256-1111)まで、お気軽にお問い合わせください。




保護者の声「将来は手に職をつけてほしい」(77%)
高校生の声「将来は手に職をつけて仕事をしたい」(83%)
一般社団法人全国高等学校PTA連合会・株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 合同調査「高校生と保護者の進路に関する意識調査」2017年


美容師になりたい。メイクやネイル、エステなど美容業界で働くのが夢。そんな夢を叶えるための学校は、専門学校だけだとおもっていませんか?

専門学校(専修学校専門課程)で学ぶもの、というイメージが強い美容師ですが、高い美意識とセンス、美容室を経営していくために必要なビジネスマインド、急増する外国人顧客に対応できる国際感覚 / 語学力が、今の美容業界では求められています。それを身につけることができるのは、4 年制大学として全国で初めて、美容師免許取得が目指せる「トータルビューティ学科」を開設した東亜大学だけです。

保護者はもちろんのこと、高校生自身も「手に職を付けて仕事をしたい」と願っているなか、東亜大学のトータルビューティ学科では美容を多角的にとらえ、トータルで学ぶことができます。大学だからこそ、幅広い教養を一般教養科目で学びことができ、美容をファッションや心理学、経営学やホスピタリティなどからも学ぶことができます。

そのため、将来の進路も美容師として一流の美容サロンに勤めるだけではなく、化粧品会社やアパレル企業、ホテルやブライダル企業、大卒採用の一般企業などへの就職が可能です。トータルビューティ学科開設以来、美容師国家試験の合格率100%(2020年度第43回美容師国家試験の全国合格率は85.6%)はもちろん、就職率だって100%を達成し続けています。

美容は専門学校から大学で学ぶ時代なんです!

「少しでも早く美容師になりたい!」というひとなら、専門学校で学ぶという選択肢もあるでしょう。ですが、資格を取得するためだけの2年間は、あっという間で、資格を取得する以外の勉強はじゅうぶんにはできません。東亜大学のトータルビューティ学科なら、急増する外国人顧客に対応できる美容英語や海外研修を通じて世界で活躍できる美容を学ぶことができます。


また、専門学校を卒業すれば、資格が取得でき、ちゃんと就職できるとおもっているひとが多いかもしれません。ですが、 卒業者1500人以上の大手といわれる美容系専門学校ですら就職率は90.8%(調査結果がある2004年の場合)です。


もっと重要なことは退学率です。2005年の全国調査によれば、専門学校の中退率は15.5%で、短期大学の7.4%、大学の8.8%にくらべて2倍です。専門学校は、特定の資格取得を目的に、進学するひとが多いでしょう。ですが、もしそれが自分に向いていないとしたら。残念ながら、いやいや学び続けるか、退学して別の進路を模索するしかありません。


東亜大学のトータルビューティ学科には、3つのコースが存在しています。美容師はもちろんのこと、ファッションやネイルやエステ、またはブライダルやホテル、エアラインといったホスピタリティビジネスなど、入学後の興味や関心の変化にあわせて、柔軟に専攻(コース)を変更することができます。入学して間もない1年次は、コースにこだわることなく幅広く美容を学び、興味や関心を再確認したうえで、2年次以降の専門科目で資格取得や専門性を深めていきます。卒業研究(ゼミ)の指導教員だけではなく、1年次から担任を配置していますので、学習面はもちろんのこと、生活面から就職指導まで、責任をもってフォローしています。

世界で活躍する教授陣がサポート

トータルビューティ学科の教員は、美容に関する学問のプロです。化粧心理学や化粧文化論、香粧品科学など、様々な分野で研究をおこない、論文を発表しています。つまり、東亜大学のトータルビューティ学科で学ぶ内容は、美容の最先端なんです。また、世界で活躍するプロたちが、学生の学びをサポートしています。

ミネシンゴ(客員准教授)は、東京や神奈川で美容師を経験したあと、『Ocappa』(髪書房)、『ホットペッパービューティ』(リクルート)の編集に携わり、現在は『美容文藝誌 髪とアタシ』の編集長として「世のなかには知られていないけど、生き方がかっこよかったり、面白いことをしている美容師は大勢いる。そういう美容師の働き方や生き方を、ちゃんと読み物にした雑誌」作りをしています。学生には、美容師としての多様な働き方を伝えています。

中国人NO.1女性美容家であるCoco Cai(客員准教授)は、日本のファッション誌「Luci」(扶桑社)の中国語版の編集業務に携わりながら、中国国内で資生堂の社内教育の通訳やコンサルティングとして活躍。P&G社でSK-IIの中国全土の美容部員に対する教育教材の作成からカウンセリングのコーチングなど、マーケティング担当として、同商品の大ヒットのきっかけを作りました。学生には、化粧品マーケティングや海外で活動するうえでの知識を伝えています。


映像プロデューサーの品川一治(客員教授)は、芸人・映画監督である品川ヒロシ氏の実兄で、アメリカや日本で活躍するしています。手がけた作品として、再生回数1億5千万回を越えるAvril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)の「Hello Kitty」、グラミー賞にも輝いたSkrillex(スクリレックス)の「No Chill」などは有名です。学生には、アーティストとして自分のデザインしたヘアメイクのプレゼンテーションを伝えています。

化粧品メーカーであるレイナチュラル代表取締役の鈴木礼子(客員准教授)は、「天然」と「無添加」にこだわったオリジナルコスメの通信販売で事業をスタートし、現在はバラエティショップやドラッグストアなどのセルフ市場でも商品を展開しています。レイナチュラルの商品は、日本だけにとどまらず、台湾やタイでも販売されており、国際的な化粧品マーケットに詳しいことから、海外における化粧品マーケティングや商品企画の方法について伝えています。また現在、イスラム教徒(ムスリム)向けの「ハラール認証」取得を目指した化粧品企画を、トータルビューティ学科の学生たちとおこなっています。

オブ代表でオブ・ コスメティックスCEOの古里オサム(客員教授)は、サロンワークを中心に、一般誌、業界誌の撮影、ヘアーショー、セミナーなど多岐に渡って活躍しています。独自の技術理論である「ZONE」を提唱し、一線で活躍する多くの美容師に支持されています。

この4人をはじめとする世界で活躍するプロたちが、東亜大学でしか学べない、経験できない体験を学生たちに提供しています。

マスメディアから注目を集めるトータルビューティ学科
4 年制大学として全国で初めて美容師免許取得が目指せるトータルビューティ学科だからこそ、その最先端の活動は、マスコミに注目されています。

東亜大学と化粧品会社、ハラル化粧品を開発 起業家教育と連動(日本経済新聞)



トータルビューティ学科 環境に配慮、人材育成 留学生ら20人講義受ける(毎日新聞)



山口の初夏、ネイルシールで 東亜大が企画、JALのCAら協力(Yahoo!ニュース)



ネイルシールを宇部空港で配布 東亜大学生が商品化(山口新聞)



山口宇部空港でネイルシール配布 大学生が企画、「初夏の山口」テーマに(山口宇部経済新聞)



ネイルシール第2弾は雪の結晶 東亜大とJAL、売り上げの10%で途上国の子ども支援(山口新聞)



東亜大とJALが作製 Xマス向けネイルシール 売り上げ寄付、途上国支援も(毎日新聞)



東亜大とJAL産学連携2年目、新チームが初顔合わせ ネイルシール企画、製作へ(山口新聞)



ネイルシール第3弾 東亜大とJAL、産学連携 空港の人気商品に(毎日新聞)



廃棄される糸に新たな命を 東亜大生がTシャツづくり(山口新聞)



「残糸」再利用しTシャツに 地元デザイナーも協力 東亜大生2人が挑戦(毎日新聞)



Tシャツ3種類完成 流行のビッグシルエットに 東亜大生が残糸を活用(毎日新聞)



持続可能性の視点 東亜大生企画の「残糸」Tシャツ(朝日新聞)



「残糸」活用Tシャツ製作 東亜大生、持続可能性求め(朝日新聞)



初夏実感ネイルシール 東亜大学生が企画・商品化(朝日新聞)



「夏」ネイルシール、JALと東亜大の共同製作 9空港で8月発売(毎日新聞)



「角島の海」貼り涼しげな夏演出 東亜大生と日航が連携、ネイルシール製作(山口新聞)



ネイルシール共同製作 東亜大生とJAL 雪のきらめきイメージ (山口新聞)



東亜大ネイルシール第4弾 「雪のきらめき」イメージ 学生とJALが共同製作(毎日新聞)



「雪のきらめき」指先に輝く 東亜大生ら企画(朝日新聞)



世界の美を体験し、学びます

トータルビューティ学科では4年で世界1周を目標に、北米、アジア、ヨーロッパへ海外研修に出掛けます。グローバル化する美容業界で活躍するためには、「聞く」だけではなく、「見て」そして「体験する」ことが重要です。世界の最先端を学べるからこそ、トータルビューティ学科の学生はグローバルに活躍することができるんです。

東亜大学のトータルビューティ学科なら専門学校よりも1歩先をいくレベルの美容師になれます!

東亜大学のトータルビューティ学科で学ぶ美容が、自分にあっているかどうか。ぜひ、オープンキャンパスに参加してください。東亜大学が開催するオープンキャンパスだと日程があわないというひとには、個別に相談会を開催しています。ご希望の日時を1週間前までにご連絡いただければ、トータルビューティ学科の教員や在学生が、あなたのためにオープンキャンパスを開催します(日曜祝日を除く)。

また、電話などでも相談を受け付けています。トータルビューティ学科の教員や進学相談カウンセラーが、あなたの疑問にお電話(083-257-5151)で解決します。

カット、ネイル、メイク、エステのすべての「美」を体験できるトータルビューティ学科のオープンキャンパスに参加して、進路の参考にしてください。「入学したらどんな先生が教えてくれるの?」「授業の雰囲気は?」「専門学校じゃ、本当にだめなの?」

そんなギモンを、解決してください。ひとりでの参加も友達や家族との参加でも、大丈夫です。トータルビューティ学科のオープンキャンパスでは、あなたのためだけに、内容をコーディネートしますので、不安や疑問を、必ず解決します!

東亜大学(083-257-5151)まで、お気軽にお申し込みください。