• イベント
  • トータルビューティ学科

経営管理で「エシカル・ビューティー・ビジネス」プロジェクトの特別講義をおこないました

7月1日、トータルビューティ学科客員准教授で株式会社レイナチュラル代表取締役の鈴木礼子氏による「エシカル・ビューティー・ビジネス」プロジェクトの特別講義を実施しました。

今回の授業は、トータルビューティ学科の学生が学ぶ経営管理の授業の一環として、化粧品ビジネスやその起業のあり方について、鈴木礼子氏の体験にもとづく話が展開されました。

鈴木礼子氏は大学卒業後、システムプログラマーとして外国為替証拠金取引システム開発などを経験。その後、株式会社レイナチュラルを設立し、化粧品メーカーとして若い女性をターゲットに商品企画・開発、マーケティング、PRをおこなっているという異色の経験の持ち主。現在では、全国のバラエティショップやドラッグストアなどで自社ブランド「レイナチュ」「レレバンス」の商品を展開し、日本国内のみならず台湾やタイなどでも事業展開しています。

今後トータルビューティ学科では、株式会社レイナチュラルと一緒に、学生たちがマーケティングなどをおこない、化粧品の開発・製造をおこなっていきます。

2017-07-01-09-10-32.jpg 2017-07-01-09-12-34.jpg