• イベント
  • 地域連携

「下関市海峡地区の魅力を再発掘するプロジェクト」に東亜大学の外国人学生2名が参加

2019年7月6日、下関市総合政策部企画課まちの魅力再発掘プロジェクト推進室(略称:PMO)主催による「下関市海峡地区の魅力を再発掘するプロジェクト」の第1回ワークショップに東亜大学に学ぶ韓国人学生2名が参加しました。

このプロジェクトは、観光ガイド誌『d design travel』の主導のもと、山口県下関市エリアのガイドブックの作成を目指すもので、来年3月の完成を目標に取り組んでいます。

この日は、このプロジェクトに参加するボランティア・スタッフが集まり、招かれた講師の講演を聞いたほか、キーワードとなっているサイト、レストラン、ショップ、カフェ、ホテル、人という6つのテーマについて意見交換を行いました。

外国人学生たちも、会場の雰囲気に圧倒されながらも、外国人ならではの視点から、話し合いに参加していました。