• イベント
  • 国際交流

韓国の高校生が参加!「第2回日本文化体験研修」を実施

2019年7月12日、東亜大学にて開催した「第2回日本文化体験研修」に、韓国の高校生たちが参加しました。

参加したのは、韓国ゲーム科学高等学校や南原第一高校を中心とする高校生67名と、それぞれの学校の引率教員、保護者7名を含む総勢87名です。

歓迎式典や大学紹介に続いて、国際交流学科に在籍する韓国からの学生が授業で学んだ成果を披露しました。また体験授業では、芸術学部アート・デザイン学科の絵画工房で現代アートにも挑み、ビジュアル・デザインについてのレクチャーを受けました。また、午後には陶芸工房で轆轤(ろくろ)の実演に接しました。アート・デザイン学科の教員の一挙一動を食い入るように追いかける高校生たちの、好奇心に満ちた眼差しが印象的でした。

ワンポイント日本語講座では、便利な日常生活上の表現についても学び機会を設けました。また、東亜大学の外国人学生寮も見学し、外国人学生たちの暮らしぶりをつぶさに見て回ったほか、東亜大学で学ぶ韓国からの学生たちと交換会にも参加しました。そこでは、日本での生活について、率直な質問を投げかける高校生たちの姿が見られました。

研修終了後のインタビューで、南原第一高校のイ・イェリムさんは、「就職するか進学するか悩んでいたけれど、今回参加したことで国際交流学科に興味を持つようになり、進学を前向きに考えるようになった」と話していました。

東亜大学での研修が日本文化に対する韓国の高校生たちの理解の促進に貢献し、日本での留学の魅力の発見に繋がっていくことを期待します。

東亜大学での日本文化体験研修に参加したい海外の高校生の方は、お気軽に東亜大学までお問い合わせください(Phone : +81-83256-1111)。