• イベント
  • スポーツ健康学科

スポーツ健康学科・・・初めて「コンテンポラリーダンス」を体験しました!

スポーツ健康学科の「ダンス・舞踊Ⅰ」は教職必修科目で、中学校・高校の保健体育教員免許取得をめざす2年生が受講しています。

受講生の多くは、バレーボール部や野球部、柔道部に剣道部、陸上部、バスケットボール部などに所属し、競技スポーツに取り組んでいます。そんな学生たちが今回、初めてコンテンポラリーダンスに挑戦しました。

特別講師のキム・ヨンジン(KIM YOUNGJIN)氏の授業は、全員で輪になり、からだと心をほぐしていくところからはじまりました。そのあと、自由に歩いてすれ違った人とアイコンタクトしたり、2人組で関わり合いながら動いたりしました。ゆっくり歩く、目を閉じて後ろ向きで歩くなど、ゲームのようにみんなで楽しく動くことを学びました。受講生たちは普段あまり経験しない動きや人との関わり方に、新鮮な気づき・学びがあったようです。

コンテンポラリーダンスの体験による「からだ・動き・コミュニケーション」の新しい学びを、日常生活や競技スポーツ場面、将来、教員になり構想し実施する体育の授業に広く活かしてほしいと思います。

7月7日(日)午後には、キム・ヨンジン氏による「KYJ DANCE PROJECT !」ワークショップが開催されます。

このワークショップは、高校生や一般の方も参加可能です。

詳しくは、こちらをご覧ください。