• イベント
  • トータルビューティ学科
  • 事務局
  • 医療工学科
  • 心理臨床・子ども学科

よりよい授業作りのために「東亜大学FD講習会」を開催

FDとは、ファカルティ・ディベロプメント (Faculty Development)のことで、「大学教員の教育能力を高めるための実践」的トレーニングを意味します。


東亜大学では、学生たちによりわかりやすく、よりおもしろい授業を実施するため、様々な取り組みをおこなっています。たとえば、学期ごとの同僚参観を通じて教員同士で授業評価をおこない、講義方法の改善に取り組んでいます。


そして、年間通じて学生たちによる授業評価で高い評価を得た教員を、表彰(優秀授業賞の授与)しています。


2018年度の最優秀授業賞を授与されたのは、心理臨床・子ども学科の織田涼講師(心理学基礎実験)、医療工学科の中野公次准教授(救急処置実習)、トータルビューティ学科の北村章教授(アロマサイエンス入門)の3名です。


今回、この3名を講師として、全教員を対象とするFD講習会を開催しました。講習会では、それぞれの授業での取り組み方・指導方法を紹介してもらい、次年度の授業向上に向けて研修をおこないました。

左から織田涼講師、中野公次准教授、北村章教授、櫛田宏治学長