• イベント
  • 国際交流
  • 国際交流学科

国際交流学科 黄暁芬教授がNHKBSプレミアム「中国王朝〜巨大遺跡の謎」(2月27日放送予定)に出演します

NHKBSプレミアム「中国王朝〜巨大遺跡の謎」第1集 万里の長城(2月27日放送予定)において,国際交流学科 黄暁芬教授のインタビューが放送されます。

中国文明には,象徴とも言える巨大遺跡があります。例えば,万里の長城であったり,巨大な道路などです。

一体権力者たちはどのような思いで,建造したのでしょうか。番組では,秦の直道と呼ばれる巨大道路についての黄暁芬教授のインタビューが放送されます。

黄暁芬
京都大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。京都造形芸術大学非常勤講師、国際日本文化研究センター特別研究員を経て現在に至る。専門は歴史考古学(古代東アジアにおける都市・道路・陵墓の研究など)。主な著書に『中国古代葬制の伝統と変革』( 勉誠出版)、『漢墓的考古学研究(』岳麓書社) 『、漢魂帝国の空間構造一都城・直道・郡県都市-』(東亜大学)、『交址郡治・ルイロウ遺跡Ⅱ-2014-15年度発掘からみた紅河デルタの古代都市像-』(フジデンシ出版)など。