日本と世界を旅してほしい。

国際交流学科観光文化コース

異文化を知ることは、日本を知り、自分を知ることです。日本と世界の文化や自然に触れるなかで、自分が「普通」と感じていたことが国際的にはそうではないことを知ったり、また日本の良さを再認識することがあります。こうした体験を積み重ねることで初めて本当のコミュニケーションが可能になるでしょう。海外研修や留学、インターンシップなどの実践をとおして、高いコミュニケーション能力を身につけます。

こんな夢を実現したいひとへ
  • 語学を活かして世界の架け橋になりたい
  • 地域の復興やPRに挑戦したい
  • 官公庁の業務に携わりたい
  • 観光やイベントに携わりたい

国外観光実習(台湾)

国際交流学科では、アジアの文化を体験する目的で、1年生が海外で観光実習をおこなっています。
台湾での3泊4日の実習に参加した学生のなかには、初めての海外だった学生もおり、緊張のなかで様々な体験をしました。実習前にグループにわかれて、調査内容を決定し、現地では入念な調査をおこないました。学生たちは、この実習を通じて、海外での適応力やコミュニケーション力の大切さについて学び、国際人の一歩を踏み出しました。

どんな資格・免許が取得できる?
  • 旅行業務取扱管理者(国家資格)
  • 全国通訳案内士(国家資格)
  • 国連英検
  • 中国語検定
  • ハングル能力検定
  • TOEIC・TOEFL
  • 実用英語技能検定
  • など
卒業後の進路は?
  • 通訳
  • 翻訳家
  • 旅行業務取扱管理者
  • ツアーコンダクター
  • キャビンアテンダント
  • 観光文化プロデューサー
  • 地域再生プランナー
  • 観光振興コンサルタント
  • 日本語教師
  • など
コースの特色は?

  • 歴史や自然、暮らしから異文化を学ぶ
    日本の歴史や自然を学び、海外経験豊富な教授陣から文化の違いを学びます。留学生との交流によって国際 感覚を磨きます。
  • 世界で日本語と日本文化を広める
    日本語や日本文化を学びたいという外国人が急増。海外で日本語や日本文化を学びたいひとも増え、国際交流基金を通じて、海外に日本語を教えに行く「日本語 パートナーズ」になる学生も、東亜大学にはいます。
  • 「真のバイリンガル =おもいやりがあるひと」
    「両国の言葉」を自分のものとして扱い、「両国の文化」をも自分の文化として吸収していく。コミュニケーション能力、それはスムーズな会話だけでなく、相手を理解することからはじまります
  • 「インバウンド・サポーター・スキルアップ研修会」に参加
    下関市観光スポーツ文化部観光政策課の主催による、「インバウンド・サポーター・スキルアップ研修会」で、下関市の観光コンテンツやクルーズ客船の受入れ、接客マナー研修・企業紹介などについて勉強しました。本格化する長州出島への大型クルージング船来航に際し、東亜大学の外国人学生たちは、インバウンド・サポーター(ボランティア通訳)として活躍しています。