入試制度

自分を一番アピールできる入試方法はひとそれぞれです。
自分に向いているスタイルを見つけてください。
  • 公募制推薦入試
    A(11月上旬)、B(12月上旬)、C(3月中旬)の3回実施します。20歳以上の社会人の推薦があれば出願できます。高等学校長の推薦は必要ありません。高等学校の全体の評定平均値による出願基準は設けていません。

    公募制推薦入試は推薦入試ですが、専願・併願を問いません。いろいろ可能性を試してみたいひとに向いています。
    インターネット出願のみ受付

  • 一般入試
    前期(2月上旬)と後期(2月下旬)の2回実施します。日程を変えて、複数学科および同一学科の複数回の受験が可能です。

    [前期]人間科学部、医療学部は1科目の筆記試験です。得意科目を選択しましょう。芸術学部は実技試験または筆記試験の選択制なので、筆記試験だけでも受験できます。高等学校時代に美術の授業を受けていなくても大丈夫です。入学してから感性を磨きましょう。
    [後期]全学部とも小論文と個人面接です。
    インターネット出願のみ受付

  • センター試験利用入試
    1月に全国で実施される大学入試センター試験の成績によって合否を判定します。
    Ⅰ期(2月上旬)とⅡ期(3月上旬)の2回実施します。

    人間科学部、医療学部は受験科目のなかから高得点の2科目、芸術学部は高得点の1科目によって判定します。普段から得意な科目を伸ばしてください。

    インターネット出願のみ受付

  • AO入試
    相談シートと面談によって審査します。志望動機や高校時代にやってきたことをじっくり聞かせてください。7月から3月までを12回にわけて実施します。高等学校長の推薦は必要ありません。高等学校の全体の評定平均値による出願基準は設けていません。

    あなたのやる気を見せてください。相談シートを受け付けて面談が終わるまで専願・併願を問わないことと出願期間が長いことが特徴です。面談でお互いの良さを確かめましょう。

    募集要項はコチラからダウンロードできます。
  • 指定校推薦入試
    東亜大学が指定した高等学校の生徒が出願できます。指定校かどうかは在籍している高等学校で確認できます。

    指定校推薦入試は専願になるのでオープンキャンパスに参加して、実際に自分の目で東亜大学の良さを体験することが決め手です。

  • 入学金減免制度卒業生の子女または兄弟姉妹に対する入学金減免制度
    • 1趣旨
      東亜大学卒業生の子女、または在学生の兄弟姉妹が入学を許可された場合、学費負担者の経済的な負担軽減を図るため、入学金減免制度を設けています。
    • 2内容
      東亜大学卒業生の子女、または在学生の兄弟姉妹であって、入学の意思のあるものについて入学金の三分の一を減免します。
      減免額80,000円
    • 3必要書類

      この制度に該当する受験生は、出願時に下記書類を取りそろえて、受験願書、調査書など、出願書類に添えて出願期限内に送付してください。

      • 入学金減免申請書(コチラよりダウンロード
      • 卒業証明書(本学を卒業した親のもの)
      • 在学証明書(在学中の兄弟姉妹のもの)
      • 戸籍全部事項証明書(関係が証明できるもの)
2020年度 入試スケジュール

※ 公募制推薦入試、一般入試、センター試験利用入試、特別入試は、インターネット出願のみとなります。

※出願期間・AO入試相談シート受付期間は全て必着