ホーム > 医療学部 > スポーツ栄養コース

スポーツ栄養コース

スポーツ栄養コース

 

スポーツ選手の栄養管理や、人びとの健康作りの栄養計画など、栄養、医学、運動の知識をもって指導をおこなう専門家になるためのコース。運動プログラムやアスリートのための栄養管理を学び管理栄養士や健康運動実践指導者を目指します。来る東京オリンピックに向けて、大注目のコースです。

 

スポーツ栄養コース

 

 

スポーツ栄養コースの授業ピックアップ!

体力測定法実習

体力測定法実習

体力・運動能力の概念を理解し、要介護予防と体力・運動能力の関係、高齢者における体力・運動能力の特徴を学びます。さらに体力・運動能力の測定法及び測定データをまとめる能力を身につけます。

 

 

スポーツ栄養学

スポーツ栄養学

栄養素や食品についての正しい知識を学びながら、競技者がコンディションの維持やパフォーマンスの向上のための食事と運動の適切な組み合わせ方法を理解し、スポーツ現場にそくした栄養管理、栄養指導を学びます。

 

 

 

 

スポーツ栄養コースで取得できる資格

管理栄養士(国家試験受験資格)
栄養士
食品衛生管理者任用資格
食品衛生監視員任用資格
健康運動実践指導者(受験資格)
食生活アドバイザー
食育アドバイザー
サプリメントアドバイザー
スポーツフードアドバイザー
スポーツ栄養アドバイザー
妊産婦食アドバイザー など

 

 

スポーツ栄養コース卒業後の進路

01管理栄養士、02食品衛生管理者、03健康運動実践指導者、04食品衛生監視員、05食生活アドバイザー、06栄養アドバイザー、07サプリメントアドバイザー、08スポーツ栄養アドバイザー、09食育アドバイザー、10介護職アドバイザー、11スポーツフードアドバイザー、12妊産婦食アドバイザー、など

このページのトップへ