ホーム > 医療学部 > スポーツ栄養コース

スポーツ栄養コース

管理栄養コース・食品開発コース・スポーツ栄養コース

 

スポーツ栄養コース

栄養、医学、運動、健康づくりのための運動指導の基礎知識・技能を身につけ、運動の実践指導ができる力を身につけます。




授業クローズアップ

スポーツ栄養学

スポーツ栄養学

栄養素や食品についての正しい知識を学びながら、競技者がコンディションの維持やパフォーマンスの向上のための食事と運動の適切な組み合わせ方法を理解し、スポーツ現場に即した栄養管理、栄養指導を学びます。
 

 

食品分析化学

応用栄養学

応用栄養学は、基礎栄養学の理解に基づき、身体状況や栄養状態に応じた栄養管理の考え方を学びます。成長・発達・エイジングに伴う生理的変化、栄養素の消化・吸収、運動と食事のエネルギーバランス等を学び、栄養状態の評価と判定の基礎的な考え方を修得します。

 

体力測定実習

体力測定法実習

体力・運動能力の概念を理解し、要介護予防と体力・運動能力の関係、高齢者における体力・運動能力の特徴を学びます。さらに体力・運動能力の測定法及び測定データをまとめる能力を身につけます。

 

資格・免許

健康運動実践指導者

運動は、健康づくりや疾病予防のために重要ですが、安全で効果的な運動を行うには適切な指導が必要です。健康運動実践指導者は、健康づくりのための運動の実践指導を行うことができる資格です。

 

卒業後の進路

  • 管理栄養士、栄養士
  • 医療機関職員
  • 保育園、幼稚園
  • 公務員
  • 給食関係事業所
  • 地域スポーツクラブ
  • スポーツ関連企業
  • スポーツ関係団体
  • フィットネス施設
  • 大学院、研究所など

このページのトップへ