ホーム > 人間科学部 > 人間科学部

人間科学部

人間科学部

人間科学部 NEWS

教育目的

人間の心と体について理解し、さらに、人間の営為である文化や社会を理解する能力を養い、他者を思いやりながらよりよく生きための実践力を備えた人材を養成することを目的とします。

 

学部長挨拶

熊谷 信順教授「人間」をキーワードに学び、社会に貢献しよう。
人間科学部 学部長  鵜澤 和宏 うざわ・かずひろ

 

 大学での勉強は、自分の興味と関心のある分野を集中して学ぶことができるところに特色の一つがあります。
東亜大学の人間科学部は、「人間」というキーワードで表される興味と関心をもつ皆さんの学びに応えることができる学部です。  

 本学の人間科学部が設置する「心理臨床・子ども学科」、「国際交流学科」、「スポーツ健康学科」は、いずれも皆さんのさまざまな側面からの「人間」について学びたいという強い意欲に応えることができます。

「心理臨床・子ども学科」は、人間の心理的な働きとその仕組みや、人の成長発達とその支援について理解を深めます。
「国際交流学科」は、世界の国々の文化と生活を学ぶことによって、人々の幸せな生き方について理解を深めます。
「スポーツ健康学科」は、スポーツを通して人間の健康と幸せな生活を追求します。  

 これらの学科には、さらに興味を細かく絞ったいくつかのコースが用意されていますので、ぜひ人間科学部のそれぞれの学科のサイトをご覧になってください。  

 大学で学ぶことは、個人的な趣味にとどまるものではありません。それぞれの専門的な学びを通して身につけた知識と技術は、皆さんの社会的活動を通して活かされることが期待されております。そうすることによって、皆さんの大学における学びが公的なものになって、より一層意義あるものになってきます。そのことが、社会的に自立した人間として生きる皆さん自身の幸せにつながってきます。

 そういう意味で、東亜大学人間科学部における皆さんの「人間」をキーワードとする学びの成果は、卒業後の皆さん自身の活躍によって、社会のさまざまな分野に貢献することが期待されています。東亜大学人間科学部は、「人間」に関心をもつて学び、将来はその学びの成果を活かして社会で活躍したいと思っている皆さんの期待に応えることができるでしょう。

学科・コース紹介

心理臨床・子ども学科

心理学、教育学、保育学を中心として人間の心理社会的、身体的発達過程を科学的に理解し、広く教育と人間理解に関わる知識を備えた人材を養成します

コース紹介

心理臨床コース

心理臨床コース

人間の感情や態度、思考、行動を科学的視点から理解し、その知見を広く社会で応用できる人材を育成します。

 

保育・幼児教育コース

保育・幼児教育コース

現場の多様な課題に適切に対応し、子どもの保育と保護者支援を担うために、保育者に必要とされるより高い専門性としての知識・技術・判断力を備え、現場に適応できる保護者を育成します。

 

初等教育コース

初等教育コース

主として児童期にある子どもの教育に必要な知識と技術を学び、その知見を小学校教育の場で発揮できる教員を養成します。

 

 

国際交流学科

観光経営や異文化理解に関する知識を学び、語学力などの実践力を身につけ、これからの国際交流の場で活躍できる人材を育成します。

コース紹介

国際ビジネスコース

国際ビジネスコース

高い識見や国際感覚、実践的ビジネススキル、起業家精神を身につけ、社会の様々な課題をビジネスのスキルで解決する創造性豊かなイノベーション人材を育成します。




 

観光マネジメントコース

観光マネジメントコース

観光経営を実践的に学ぶことにより、観光産業に貢献できる知識と実務能力を身につけます。

 

異文化コミュニケーションコース

異文化コミュニケーションコース

異文化を理解し、海外研修を通して語学力とコミュニケーション能力を養い、国際交流に積極的にたずさわれる力を身につけます。

 

 

スポーツ健康学科

幅広い知識と教養を身につけ、学校や社会において体育・スポーツ振興、健康及び体力増進の分野で貢献できる人材を養成します。
また、同分野において、人体のしくみやスポーツ科学の高い専門性を有し、 スポーツや運動を行う人の障害の予防とケア、適切な手当のできるスポーツの トレーナーとして、貢献できる人材を養成します。

コース紹介

スポーツ教育・コーチングコース

スポーツ教育・コーチングコース

充実した実習や演習授業を通して、スポーツを科学的な視点から分析し、多彩なコーチング技法を身につけ、高い実践力を持った学校や地域社会における指導者を育成します。

 

健康マネジメントコース

健康マネジメントコース

スポーツ医科学や健康科学についての探究心を持ち、より良いスポーツ環境や健康づくりのための事業や運営・管理のためのマネジメント能力を身につけ、主に地域・民間スポーツの領域で人の健康維持・増進に貢献しうる人材を育成します。

 

アスリート養成コース

アスリート養成コース

硬式野球、男子バレーボール、女子駅伝、柔道、剣道に関する総合的な学問を実践の中で学び、日本のトップアスリートを目指すと共に、教育現場や社会スポーツの指導者としても活躍できる高い実践力と指導力を持った人材を育成します。

 

柔道整復コース

柔道整復コース

柔道整復師として必要な知識・技術を身につけながら、スポーツに対する理解力を持つことによって、一般人のみならず競技者の身体の故障を手当できる人材を育成します。

このページのトップへ