ホーム > 大学院 > デザイン専攻 > 大学院総合学術研究科 デザイン専攻

大学院総合学術研究科 デザイン専攻

デザイン専攻

総合的な思考や創造性を培い、未来社会の要請に応える

今日では、デザインは生産システムに付加価値を生む技術や、情報とインターフェイスする画像の技術に限定されるものではなく、いっそう高度なものになっています。身の回りの小さな品物までが有用性や美的付加価値の面からだけでなく、地球や宇宙の環境と関連性を持っているという考えが浸透しており、あえていうならば、デザインは「地球哲学」というべきものに広がっています。そのためデザイン専攻ではデザインを広い観点から多角的に把握していきます。

 

博士前期課程

学部で修得した造形美術の基礎的な知識、技能を、さらに発展させるとともに、実技作品制作を中心とした現場で活かせる技術を習得し、あわせて芸術についての歴史、社会における意義、美学的思考を学修することを目指します。

育成の方針

造形のアーティスト、デザイナーを徹底した実技指導で育成するとともに、デザインの総合的な思考を養い、その哲学や知識及び歴史の教育を通じて、デザインにおける社会的役割を考える人材を育成します。
デザイン全般、視覚伝達、造形美術、幅広いデザイン領域などに関わるクリエーターをめざし、未来社会の要請に応える様々なデザインの可能性を追求する創造的人材を育成します。

 

博士後期課程

現代の情報化や環境のめまぐるしい変化に対応し、デザイン的、美術的な思考をもとに社会創造に取り組む自立的作家を育成します。現場で活かせる技術の習得をさらに専門的に学び、作品のプレゼンやコンセプトの在り方などを考察し、個展や展覧会で作品発表や作品を基にした論文制作が出来ることを目指します。デザイン芸術の研究や学んだ知識を実践的に経験し、指導することを目指します。

育成の方針

デザインを多角化した観点からとらえ、様々な手法による表現的方法を発表する人材の育成や後進の指導が出来る人をめざし、総合的にデザインや美術、芸術を考え、情報メディア社会の未来のあり方を研究し作品発表や企画、プロデュースしたものを発信出来る人材を養成します。

このページのトップへ