ホーム > 進路・就職支援 > 入学を希望される皆さまへ > 先輩たちからの就活アドバイス

先輩たちからの就活アドバイス

自分の未来に繋げる、かけがえのない4年間

東亜大学先輩たちからの就活アドバイス

将来、こうなりたいという夢や目標を実現するため、また何かを見つけるために東亜大学に入学しようとする皆さんは、どんな学生生活を過ごしていくことになるでしょうか?社会に出るまでの4年間は、そんなあなたにとってかけがえのない時間です。大学で過ごす時間を充実したすばらしいものになることが、将来の進路を決定するときに大いに役立ちます。

学生生活を有意義に過ごしましょう!

講義にはしっかり出席し、「A」をたくさん取得しましょう。
クラブ活動、アルバイト、ボランティアなど多くのことにチャレンジしましょう。
多くの人とのかかわりや、様々な経験があなたを成長させます。

目標を持ちましょう!

どんなことでもいいから目標を持ち、それを実現するために行動しましょう。
今、自分には何が足りないのか、何をしなければならないのか真剣に考えましょう。
チャレンジ精神とコミュニケーション能力は、目標を実現するためには欠かせません。

進路や就職について真剣に考えましょう!

社会や経済の動きに関心を持ちましょう。
「働く」ということを真剣に考えてみましょう。
キャリアサポート・プログラムがあなたの将来をバックアップします。

 

色んなことにチャレンジしてみよう!!

東亜大学先輩たちからの就活アドバイス

スポーツ健康学科

寺地 優一さん Terachi Yuichi
広島県立大門高等学校出身
内定先 (株)トーホー

 

僕は当初、体育の教員免許を取得し教員になりたくて東亜大学への入学を決めました。同じ学部には僕と同じように体育の教員になりたくて東亜大学に入学して来た人がたくさんおり、同じ目標に向かって授業や勉強に励むことができ、とても心強く、そして楽しく過ごすことができました。大学4年間で様々な学問を学ぶことのできる東亜大学では、教職関係だけでなくスポーツ学や健康に関すること、心理学や統計学、哲学などがあり、自分が興味のある分野をたくさん学ぶことができます。また、資格や免許も充実しており、大学を卒業して将来のために必要になってくるものも取得することができます。僕は興味があった授業は取れるだけ取り、資格や免許もたくさん取得しました。ですので、皆さんも興味のあることには積極的にチャレンジしていってください。その中で、またやりたいことが変わってくるかもしれませんから。

人の何倍も努力することが大事。

東亜大学先輩たちからの就活アドバイス

スポーツ健康学科

豊島 敬子さん Toyoshima Keiko
兵庫県立神戸商業高校出身
内定先 (株)河合楽器製作所(スポーツ課)

 

私は、学校教育以外でも体育指導をしたいと思い就職活動をしました。100年に一度の大不況と言われる中での就職活動は、不安な毎日との闘争でした。しかし、100年に一度の不況の中、諦めず自分らしく信念をもって挑めば100倍成長できると信じて人の何倍も働き、今では自信に繋がりました。大学は自分で動いて就職をしなければならないため、キャリアセンターを誰よりも利用しました。また、就職活動中、多くの教授が「就職はどうかね?」など常に声をかけてくれる教授の温かさを感じました。友人だけでなく教授との思い出もできるってすごく大切だと思います。誰よりも努力すれば、必ず夢を勝ち取れること間違いないですね。

早めに目標を見つけることはすごく大事だと思います。

東亜大学先輩たちからの就活アドバイス

医療学部医療工学科

知花 香織さん Chibana Kaori
沖縄県立嘉手納高校出身
内定先 筑波大学付属病院

 

私は、臨床工学技士という職業に興味を持ち東亜大学に入学しました。そして、勉強を重ねるうちにこの職業に携わっていきたいと思いました。さらに、同じ苦労をわかち合える友達と切磋琢磨することで、就職活動や国家試験に対する勉強にも気合いが入りました。だから、興味を持ったことには思いっきりぶつかってみてもいいと思います。私は、同じ目標を持った友や先生などとの出会いから得るものが大きかったです。さまざまな体験を重ねることで、自分のやりたい事が見えてくると思いますよ。

この大学で素晴らしい仲間に出会えたことが、大きな要因。

東亜大学先輩たちからの就活アドバイス

医療学部医療工学科

比嘉 武宏さん Higa Takehiro
沖縄県立北谷高校出身
内定先 北九州市消防局

 

自分は、この大学で素晴らしい仲間に出会えたことが、北九州市消防局合格の大きな要因だと思います。自分自身あまり勉強が好きでない性格で、勉強を始めても2時間も持たずにすぐ止めてしまうのですが、同じ夢に向かって進む友人達と励まし協力し合いながら勉強することで、なんとか前へ進むことができました。今は、自分を支えてくれた人達にとても感謝しています。

同じ目標を目指す仲間と共に励まし合いながら楽しく学ぶ。

東亜大学先輩たちからの就活アドバイス

医療学部医療工学科

冨岡 沙紀さん Tomioka Saki
熊本県立鹿本高校出身
内定先 日本赤十字医療センター

 

私は高校生の時、臨床工学技士になりたいと思い、この大学に入学しました。物理は高校時に履修していなかったのですが、基礎から学ぶことができるため、心配はいりません。同じ目標を目指す仲間と共に励まし合いながら楽しく学ぶことができます。自分のやりたいことを早く見つけ、仲間と共に頑張って下さい。

このページのトップへ