ホーム > 芸術学部 > 建築・インテリアコース

建築・インテリアコース

建築・インテリアコース

 

安全で快適な空間をデザインし、生活空間の創造者になる!

人々の生活環境を構成し、安全で健康で快適な生活空間のよりどころとなる建築は、多様な技術と感性豊かな想像力によってつくりだされます。建築は、人々の生活そのものであり、そのため建築に直接関係する知識だけではなく、人文科学や社会科学などの分野も学ぶことが大切です。東亜大学の建築・インテリアコースは、建築に興味を持つ学生だけにとどまらず、人文科学、社会科学、芸術にも深い関心をもつひとを歓迎し、生活空間の創造者としてその才能が十分に伸ばせる教育をおこなっています。

卒業後の進路として、建築・構造・環境の設計や施工に従事する建築家・建築技術者はもちろんのこと、行政的な指導、監督にあたる建築行政担当者、各種開発事業にたずさわるプランナーなどが目指せます。

 

建築・インテリアコース分野イメージ

 

工学部ではなく芸術学部で建築家を目指す理由

通常、大学で建築を学ぶというと、工学部というイメージがあります。ですが、東亜大学の建築・インテリアコースは、芸術学部です。建築を学ぶということは、建築計画・意匠、建築の構造、建築環境設備などを学ぶということ。つまり、建築には工学的な要素と芸術学的な要素があります。一般的に、工学部で建築を学ぶ場合、耐震や構法など建築のエンジニアを目指した教育が重点的におこなわれます。それに対して、芸術学部で建築を学ぶ場合は、建築のデザイナーを目指して、デザイン・設計を中心に学びます。空間をデザインする建築家になりたいというひとには、芸術学部で建築を学ぶほうがオススメなんです。

 

一級建築士になる

東亜大学の建築・インテリアコースで所定の単位を修めて卒業すると、建築実務の経験がなくても、二級建築士試験を受験することが可能です。また、二級建築士資格取得後、一定年数以上の建築実務の経験があれば、一級建築士試験を受験することも可能です。

ちなみに、一級建築士試験の建築実務経験とは、設計・工事監理に必要な知識・能力を得られる実務とされており、①建築物の設計、②建築物の工事監理、③建築工事の指導監督、④工事施工の技術上の管理、⑤建築確認等の審査、⑥建築物の耐震診断、⑦大学院教育課程で、その実務経験を得ることができます。

建築・インテリアコースイメージ

 

ゼミ担当教員

大久保 裕文 ゼミ


大久保 裕文

一級建築士、博士(九州大学・芸術工学)。
佐賀大学、北九州市立大学、九州国際大学などで非常勤講師を歴任。ゼンリンテクノセンターで、北九州市都市の色彩賞(関連受賞・設計部門)・北九州市建築文化賞(設計)、大口スクウェアで建設省全国街路事業コンクール特別賞(関連受賞・設計部門)などを受賞。

 

 

 

建築・インテリアコースで取得できる資格

  • 二級建築士受験資格
  • インテリアコーディネーター
  • 福祉住環境コーディネーター など

建築・インテリアコース分野イメージ

 

建築・インテリアコース卒業後の進路

東亜大学の建築・インテリアコースは、平成28年度に開設されたばかりのコースで、今のところ卒業生はいません。ですが、建築・インテリアコースを修了することで目指せる進路には、次のようなものがあります。

01建築士・建築家、02構造設計者、03設備設計者、04ランドスケープアーキテクト、05照明デザイナー、06音響設計者、07店舗設計者、08インテリアデザイナー、09家具デザイナー、10キッチンデザイナー、11保存修復建築家、12都市設計者、13デペロッパー、14建築プロデューサー、15空間プロデューサー、16リフォームアドバイザー、17福祉住環境コーディネーター、18建築現場監督、19CADオペレーター、20建築模型設計者、21意匠審査官、22建築確認検査員、23建築評論家、24建築ライター、25建築研究者、26大工、など。

建築・インテリアに関する進路は多様です。特に、東日本の震災復興や平成32年の東京オリンピックに関連して、建築業界は広く人材を求めています。

 

このページのトップへ