ホーム > 芸術学部 > アニメ・映像コース

アニメ・映像コース

アニメ・映像コース

 

アニメ・映像を通して、人と世界、人と夢、人と人をつなげる創作者へ。

 

アニメ・映像コースの特徴

  1. 豊かな発想、そして表現力を持つアニメ・映像の専門家を目指します。
  2. 多彩な実習を通して、創造力と造形力を育てます。
  3. フラッシュ、フォトショップ、プレミア、アフターエフェクトなどPCソフトを活用し、エンターテインメント映像を制作します。

 

カリキュラム

救急救命コース

 

授業クローズアップ

アニメーション

アニメーションI(准教授:久澤 謙二郎)

アニメーションIは、アニメという映像表現の入り口です。アニメは、現在ほとんどの人が、何らかの形で接している表現ですが、ここでは、いろいろな種類のアニメがあることを知り、実際に構造的にはアニメとはどのようなイリュージョンなのかを実作してみます。

 

 

アニメーションII

アニメーションII

アニメーションIで、様々なアニメ表現に触れたが、アニメーションIIでは、よりパーソナルに自分のキャラクターをアニメ化する。

 

 

 

 

マンガ表現I・II

マンガ表現I・II(講師:わだかづよ)

マンガ表現とデザインとの関わりを理解し、マンガ表現の知識と制作技術を習得する。

 

 

 

 

 

ゼミ紹介

久澤 謙二郎 ゼミ

久澤 謙二郎 ゼミ

アニメ・映像を通して、何かを表現する

アニメや映像は、メディア(媒体)の形式です。人間と人間は、言語を介して互いの見解を表現することが出来ます。アニメや映像・映画も、人が思うところを他人に伝える社会的な機能を有しています。しかし、それは視覚を伴っていますから、感覚的な刺激を作り出すことに適しています。映像作りも、慣れてくると自分の狙ったものが表現できるようになってきます。思い描いたものが、形になって現れることは、とても楽しいことですが、そこに辿り着くには地道な作業もあるわけです。ゼミで何を作るかは、基本的には自由です。自由にクリエイティビティを働かせてください。今、興味のあることを映像作りに取り入れて、面白い時間を過ごすべきです。でも、創造物を完成させる根気は獲得しなければいけません。

 

資格・免許

  • CGクリエイター検定やマルチメディア検定に挑戦することにより、デジタルデザインの基本を身につけます。
  • 中学校教諭一種免許状(美術)高校教諭一種免許状(美術、工芸)を取得し、造形表現のさまざまな領域について、高い実践的指導力を持つ教員を目指します。
  • 中学校教諭一種免許状(美術)と併せて、小学校教諭一種免許取得が可能です。(人間社会学科子ども発達コースの必要科目を履修します)
  • TOEICテストへの挑戦により、国際的コミュニケーション能力と、デザインのプレゼンテーションを英語で行える能力を身につけます。

卒業後の進路

  • グラフィック系:広告代理店・デザイン会社・印刷会社・出版社等
  • 映像系:CMプロダクション・アニメプロダクション・映像制作会社
  • デジタルコンテンツ系:Webデザイン会社・ゲーム制作会社・CGプロダクション
  • 教員:中学校美術教員、高校美術・工芸教員、小学校教員
  • アーティスト
  • デザイナー:グラフィック、インテリア、セラミックなど
  • 教育・文化事業のプランナー

このページのトップへ