ホーム > 芸術学部 > 絵画・造形コース

絵画・造形コース

絵画・造形コース

 

アートの本質を追求し、魅せる・観てもらうヨロコビを感じる。

 

コースの特徴

  1. 現代社会に貢献できる多様な表現力と感性を身につけた表現者を目指します。
  2. 基礎造形表現の習得に努めると共に、絵画・彫刻・陶芸などの専門領域について深く学びます。
  3. 教職やデザインも学ぶことで、様々な方向性に適応できます。

 

カリキュラム

絵画・造形コース

 

授業クローズアップ

インテリアデザインII

インテリアデザインII(准教授:伊東 丈年)

身近なインテリアエレメント「椅子stool」の制作実習をおこなう中で、機能性や造形性の心地よさ、作品を提示するために必要なプレゼンテーション資料・展示方法について考察していきます。

 

 

描画I

描画I(教授:川野 裕一郎)

観察することを大切にして、描写し、描くことを通じて、日常空間と平面空間との関わりについて考察し造形意識を高めつつ基礎的な描写する力を身に付けることを目標にした授業です。鉛筆画、木炭画を中心に行います。またデッサンに関する画材の名称や使い方を基本から学びます。

 

 

インテリアデザインI

インテリアデザインI(准教授:中村 隆文)

この授業では陶磁器を素材としたインテリアエレメント(例:食器・照明など)のデザイン及び制作を課題として行っています。課題を通して、人ともの、人と生活空間のよりよい関係を築くためのデザインを目指します。

 

 

資格・免許

  • CGクリエイター検定やマルチメディア検定に挑戦することにより、デジタルデザインの基本を身につけます。
  • 中学校教諭一種免許状(美術)高校教諭一種免許状(美術、工芸)を取得し、造形表現のさまざまな領域について、高い実践的指導力を持つ教員を目指します。
  • 中学校教諭一種免許状(美術)と併せて、小学校教諭一種免許取得が可能です。(人間社会学科子ども発達コースの必要科目を履修します)
  • TOEICテストへの挑戦により、国際的コミュニケーション能力と、デザインのプレゼンテーションを英語で行える能力を身につけます。

卒業後の進路

  • グラフィック系:広告代理店・デザイン会社・印刷会社・出版社等
  • 映像系:CMプロダクション・アニメプロダクション・映像制作会社
  • デジタルコンテンツ系:Webデザイン会社・ゲーム制作会社・CGプロダクション
  • 教員:中学校美術教員、高校美術・工芸教員、小学校教員
  • アーティスト
  • デザイナー:グラフィック、インテリア、セラミックなど
  • 教育・文化事業のプランナー

このページのトップへ