ホーム > 芸術学部 > 芸術学部

芸術学部

芸術学部

芸術学部 NEWS

 

教育目的

豊かな感性及び幅広い知識を持ち、社会において様々な分野に対応できる、創造力と技術力を備えた人材を養成することを目的とします。

 

学部長挨拶

「アート・デザイン・トータルビューティ(ライフデザイン)」の原点は、人の心と暮らしを美しく豊かにすること。
  -現場で活かせる能力を「0」から身につけるため、学生一人ひとりに目の届く
  教育を実践し、初めての人も、より専門的に学びたい人も、安心して学べます-

 芸術学部長  川野 裕一郎 かわの・ゆういちろう

 東亜大学芸術学部はデザイン学部として1993年4月に設置され、本年度の2017年3月には第21期生を世に送り出すことになります。また、2007年4月には4年制大学では日本初の美容師・理容師養成のトータルビューティ学科を新設し、2学科となりました。


 芸術学部アート・デザイン学科とトータルビューティ学科では、学科の持続的な発展を成し遂げるためのキーワードを「人間本位の魅力あるものづくり」と設定しています。「ものづくり」とは、アート・デザインやトータルビューティ(ライフデザイン)の原点をもう一度ふり返ってみつめることの意味が含まれています。
 芸術は人間生活を美しく豊かにするのはもちろん、「人の心」を豊かにすることができるものです。そのためには、アーティストやデザイナー、トータルビューティ(ライフデザイン)のスペシャリストは優れた人格の持主でなければなりません。時代ごとの表面的な現象に影響されるのではなく、あくまでも真摯な態度で造形し物事の本質を追い求めることが大切です。

 1年生で最初の私の授業で伝える言葉ですが、アートやデザイン、トータルビューティ(ライフデザイン)のスペシャリストに必要なものは
   「発想力」+「感性」+「表現技術」そして「独創性」です。

 本学部では、学生の個性や能力に応じたきめ細かな指導をおこなっています。それぞれの分野の専門家を目指す人、教養としてアートやデザイン、トータルビューティ(ライフデザイン)を学びたい人など、学生一人ひとりの目的や能力も皆違っていますが、それぞれが個人指導に近い形で充実した実習設備の中で自分を磨いています。

 学生は4年間の総仕上げとして、自分の一番興味あるテーマを卒業研究として取り組むことで社会や自己を深く見つめ、創造力を高めて行こうとする態度を養いアートやデザイン、トータルビューティ(ライフデザイン)の真の意味を発見して社会に貢献できる「発想力」+「感性」+「表現技術」そして「独創性」を身につけます。

 学生の皆さんは、本学部でのこの貴重な経験を活かして、変化の激しい社会に対応しながら、自分を飛躍させ人間として成長して行くことと信じています。

 

学科・コース紹介

アート・デザイン学科

人間教育を軸とし、もの作りを体験する中で、理性と感性の統合の観点から社会に貢献できる人材を養成します。

コース紹介

アニメ・映像コース

アニメ・映像コース

人々の思いをかたちにできる感性豊かなアニメ・映像の専門家を目指し、高いコミュニケーション能力や実践的な表現・編集技術を身に付けた人材を育成します。

 

絵画・造形コース

絵画・造形コース

絵画や造形からデザインに至るまで、多様な表現を自ら実現する力を工房教育の中で養いながら、現代社会に貢献できる感性と技術を身に付けた人材を育成します。

 

ビジュアルデザインコース

ビジュアルデザインコース

デザインの現場に活きる発想力や技術、知識を習得し、見る人を楽しませ、社会の役に立つ表現ができる専門家を養成します。

 

建築・インテリアコース

建築・インテリアコース

一人ひとりの求める暮らしのあり方を考え、新しい住まいのかたちを創造し、提案できる人材を育成します。

 

トータルビューティ学科(ライフデザイン領域)

人それぞれの美と健康、豊かな生き方の実現のために、暮らしを科学し、デザインすることを通して、ときめき、いやされる時間と空間を創造します。

コース紹介

リビングプランニングコース

リビングプランニングコース

より良い暮らしの空間を実現するために住まいのデザインや自然環境、コミュニティのあり方、情報社会について学びます。

 

ホスピタリティビジネスコース

ホスピタリティビジネスコース

美や健康を実現するためのサービスや商品、環境を提供するためのプランニングや企業活動について考えます。

 

ファッションクリエイティブコース

ファッションクリエイティブコース

その人らしい生き方を支える被服や美容、栄養、健康について総合的に考え、豊かなライフスタイルの実現をサポートする人材を育成します。

 

このページのトップへ