• イベント
  • 医療工学科

「警察犬訓練士補認定式」を執り行いました

東亜大学医療工学科の「獣医看護学コース」では、日本警察犬協会と東亜大学の協定に基づき、基準を満たした者に、「警察犬訓練士補」資格が認定されます。


獣医看護学コースに所属する学生たちも、警察犬訓練士補資格取得を大きな目標の一つとして、吉田正一客員教授の指導のもと、訓練に励んでいます。


このたび、警察犬訓練を学び、、警察犬訓練科目試験合格と日本警察犬協会の全国規模競技会での研修などの諸条件を満たした学生たちが、無事に警察犬訓練士補資格を取得し、その認定式を執り行いました。


警察犬の訓練士になりたいという高校生は少なくありません。ですが、その資格を取得できる教育機関はけっして多くはありません。また、簡単に取得できるという資格でもありません。

ですが、吉田正一客員教授の時には厳しく、そして学生たちに寄り添う指導により、警察犬の訓練士を目指す学生たちの全員が、無事に資格取得をおこなっています。


学生たちは引き続き、動物看護師(「動物看護師統一認定試験」が受験可能な教育機関は、東亜大学を含め全国で8校のみ)を目指すべく、研究と学習に励んでいきます。