• イベント
  • トータルビューティ学科
  • 国際交流

トータルビューティ学科「バンコク研修」に出発

9月2日、トータルビューティ学科・平松隆円准教授が主宰するゼミの4年生が、タイ王国バンコク都に海外研修に出発しました。


今年2018年は、日本が近代化の歩みをはじめた明治維新から、ちょうど150周年目。この節目の年に、東亜大学は全学部全学科の学生が、在学中に一度は海外研修・海外留学に出掛ける「トビタテ!東亜大学全員留学プログラム(愛称:次世代長州ファイブプロジェクト)」をスタートさせました。

これまでも、トータルビューティ学科や国際交流学科は、積極的に海外研修・海外留学に出掛けています。


今回、トータルビューティ学科の学生は、2週間にわたるバンコク都滞在中、語学研修やタイ企業でのインターンシップ、タイマッサージの公的資格取得にのぞみます。また、タイの高校(Prasarnmit Demonstration School)や大学(Burapha University)などを訪問し、現地の高校生や大学生と交流する予定です。