• イベント
  • 医療工学科

獣医看護学コース「山口大学動物医療センタ-」で見学・実習を実施

2012年11月に、山口大学と東亜大学が学術交流協定を締結し、その一環として2015年度から毎年、東亜大学の獣医看護学コースの2年生は、「山口大学動物医療センタ-」での見学・実習を実施しています。

同動物医療センタ-は、全国に先駆けて高度獣医療の実践に取り組み、磁気の力を利用して体の臓器や血管を撮影する検査の「MRI」、エックス線を使って身体の断面を撮影する検査の「CT」、放射線治療装置の「LINAC」といった最新の設備と多くの優秀なスタッフを有し、現在は西日本における中核病院(二次診療施設)としての役割を担っています。

日本で初めとなるEAEVE(欧州獣医学教育機関協会)による認証を取得する準備もすすんでおり、「山口大学動物医療センタ-」での獣医看護学コースの学生の見学・実習は、動物看護師としての専門性を高めるための、得がたい学習の機会となっています。


写真説明:X線CT装置