• イベント
  • クラブ・サークル
  • スポーツ健康学科
  • 男子バレーボール部

卒業生の井手 智さんがバレーボールで世界に挑戦中!

東亜大学スポーツ健康学科を、2014年に卒業した井手智さんは、Vリーグの東レアローズでリベロとして活躍しています。

各大陸王者が参加して開催される「ワールドグランドチャンピオンカップ」(グラチャン)のメンバーに選出された井手智選手。チームとしては優勝を逃したものの、個人としてはベストリベロ賞に輝きました。この個人賞を受賞したことで自らに課した水準を上げ、4月30日から始まる黒鷲旗でのチーム優勝を誓っています。また、2020年東京オリンピックに向けて始動した代表チームでは、正リベロに抜擢。

井手智選手のほか、東亜大学の多くの男子バレーボール部出身の選手がVリーグや日本代表選手として、活躍しています。高校3年生のみなさん、東亜大学でプロのバレーボール選手を目指してください!


(画像は、東レ・アローズのホームページをキャプチャ)