• イベント
  • アート・デザイン学科

アート・デザイン学科 卒業制作展|大学院デザイン専攻修了制作展


「東亜大学芸術学部 アート・デザイン学科卒業制作展・大学院デザイン専攻修了制作展」が下関市立美術館にて2023年1月17日(火)〜1月22(日)まで開催されています。
 
学部・大学院生の卒業・修了研究作品を160点余り展示いたします。デザイン、絵画、映像、彫刻、工芸、建築デザインなど多岐に渡った幅広い作品を展示しています。

東亜大学芸術学部では自分の個性を生かして自分らしく夢に向かうみんなを全力で応援しています。
芸術学部のテーマは「生きる」ことと、生活を豊かにする「つくる」こと。一人ひとりが輝き、想像力と未来を切り開く力をつける事を目標としています。

この展覧会は、東亜大学の芸術学部アート・デザイン学科と大学院デザイン専攻の卒業・修了制作展で、制作研究の集大成を本学のある下関で展示発表し、その成果を見ていただくことと学生の市内外の創作活動および研究を奨励するとともに、地域の芸術文化の振興と普及に貢献する学生の育成を目的としています。
日頃の研究、制作のまとめとして研鑽を積んだ結果を是非、御覧いただきますようお願い申し上げます。また皆様のご指導、御鞭撻のほど宜しくお願い致します。

主催:東亜大学芸術学部アート・デザイン学科
後援:下関市教育委員会
場所:下関市立美術館 下関市長府黒門1−1
   082-245-4131
部門:絵画、デザイン、映像、彫刻、工芸、建築デザインなど160点余
出品学生: 芸術学部アート・デザイン学科 学生 25人
      大学院生  デザイン専攻(通学制修士) 7人 計32人

問い合わせ:東亜大学アートデザイン学科教員 川野 09079921252 kawanoyuichiro@gmail.com