• イベント
  • 医療工学科

獣医看護学コース|宇部市ときわ動物園に見学実習に行きました

医療学部医療工学科獣医看護学コースでは、動物飼育実習の一環として、動物飼育に関する業務について理解、学習することを目的とし学外見学および実習を行っています。
11月20日(日)に1年生を中心に学生と教員を合わせて12名で、宇部市ときわ動物園に見学実習に伺いました。初めに多々良園長から「動物園の役割」についての講義を聴かせていただきました。多々良園長が実践していらっしゃる動物園の役割についてのご講義、また獣医師として動物園の動物を多く診察してこられた経験からのお話は大変興味深く、学生たちにとっても大変実りある時間となりました。
午後からは、多々良園長に加え学生たちの先輩にあたる当大学の卒業生である飼育員のT君にもご参加いただき、園内の動物展示を一緒に見学させていただきました。多々良園長と実際の飼育員さんのガイド付きの見学は見ごたえ十分で、楽しいひと時となりました。また現在国内で流行の兆しのある鳥インフルエンザ対策などについても伺うことが出来ました。
ときわ動物園では生息環境展示と呼ばれる展示方法を随所に取り入れていらっしゃいます。野生動物の生息する環境をリアルに再現し、柵がない状態で自然木や水堀を利用して動物が自由に動き回れるような工夫がされています。また展示の順番にも巧妙な仕掛けがあり、動物たちの生きる地球環境について思いを馳せながら見学コースが締めくくられるようになっていました。学生たちにとっては今後の学習の励みになる時間となりました。
多々良園長、職員の皆様、大変お忙しい業務の間に貴重なお話をたくさん聞かせていただき、ありがとうございました。