• イベント
  • 剣道部

剣道部 全日本学生優勝大会で健闘しました!

東亜大学剣道部は、10月30日、大阪市のエディオンアリーナにおいて開催された第70回全日本学生剣道優勝大会に、中四国地域の代表として出場しました。本大会は、各地域の予選を勝ち抜いた64大学が出場し試合を展開しましたが、いずれの大学も各地域を代表した大学であり、非常に高度な技の応酬が行われる熱戦が繰りひろげられていました。

1回戦は京都の佛教大学と対戦しました。佛教大学は毎年のように関西地域の代表として全日本学生剣道優勝大会に出場している強豪です。本対戦では、大将の藤井選手・三将の尾木選手が勝利をおさめるなどの活躍があり、2対1で1回戦を突破し、2回戦に勝ち上がることができました。

2回戦は中央大学と対戦しました。中央大学は大学剣道界において名を馳せる名門中の名門校の一つであり、全日本学生剣道優勝大会でも15回の最多優勝を誇り、直近の同大会で三連覇しています。本対戦においても、本学剣道部の選手は堂々たる試合を繰りひろげ、特に、先鋒の森田選手、五将の許田選手が勝利するなど健闘しましたが、2対4で惜敗しました。中央大学は準決勝において今大会で優勝した筑波大学に惜敗し、3位入賞を果たしています。

2回戦突破はなりませんでしたが、本学剣道部の選手全員が一丸となって奮闘する姿は素晴らしく、試合内容も今後の更なる活躍を期待できるものでした。今後とも、東亜大学剣道部にご支援ご協力を賜りますよう宜しくお願い致します。

出場選手は以下の通りです。
藤井 颯 スポーツ健康学科 4年生
原 佑来 スポーツ健康学科 4年生
森田太輝 スポーツ健康学科 4年生
許田竜憧 スポーツ健康学科 4年生
尾木倭斗 スポーツ健康学科 4年生
葛和大敬 スポーツ健康学科 3年生
藤山達矢 スポーツ健康学科 3年生
村上優多 スポーツ健康学科 3年生
石郷健心 スポーツ健康学科 3年生
井堀春志 スポーツ健康学科 2年生