• イベント
  • アート・デザイン学科

プロジェクションマッピング「メモリーズ」を制作!日本遺産フェスティバルin関門

10月30日(日)に日本遺産フェスティバルin関門にて本学芸術学部アート・デザイン学科の文 芝瑛准教授が日本博主催・共済型プロジェクト 日本の近代化遺産―自然の力と日を引き出す技―日本の近代化遺産 旧秋田商会の3階にてプロジェクションマッピング「メモリーズ」の制作を手掛けました。これは下関市教育委員会 教育部 文化財保護課 から地域連携センターを通じて市内の日本遺産に認定された歴史的建造物などを音と映像を駆使したプロジェクションマッピングで表現して欲しいという依頼があり映像専門の文先生が数ヶ月を要して制作されました。