• イベント
  • トータルビューティ学科

トータルビューティ学科|チュニジアの大学とのプロジェクトが「TICAD8パートナー事業」に認定

芸術学部トータルビューティ学科の平松隆円准教授のゼミや化粧品学を受講している学生たちがチュニジア共和国のモナスティール大学と取り組んでいるトイレタリー製品の開発プロジェクトが、第8回アフリカ開発会議(The 8th Tokyo International Conference on African Development: TICAD8)パートナー事業に認定されました。

TICAD8パートナー事業は、「アフリカの経済社会の発展若しくは魅力の発信又はアフリカにおける平和構築を目的とした事業」「日・アフリカ関係の強化に資する事業」が認定されます。

トータルビューティ学科がモナスティール大学と取り組んでいるトイレタリー製品の開発プロジェクトは、これまで東亜大学で講演くださった「ペシャワール会」の中村哲さんや「ロシナンテス」の川原尚行さんからアフリカで衛生環境を改善し、維持していくことの難しさを学生たちが学んだことで、子どもたちをはじめみんなが気軽に使用でき、衛生を維持できるようなプロダクトを作ることが大事なのではないのかと考え、スタートしたプロジェクトです。

トイレタリー製品を開発することだけが目的ではなく、ものづくりを通じてチュニジア国内の新規産業創出なども目標に掲げています。

プロジェクトが成功しますよう、学生たちへの応援をお願い申し上げます。

■参考
アフリカ開発会議(TICAD)パートナー事業一覧(https://www.mofa.go.jp/mofaj/afr/af2/page23_003906.html)
チュニジア「モナスティール大学」とプロジェクトをスタート(https://www.toua-u.ac.jp/archives/20321)
モナスティール大学で試作品作りが進行中(https://www.toua-u.ac.jp/archives/20735)
チュニジアンソープ試作品の評価テスト実習を実施(https://www.toua-u.ac.jp/archives/21497)
チュニジア共和国モナスティール大学とオンラインで合同授業を実施(https://www.toua-u.ac.jp/archives/21525)
モナスティール大学との石けん開発でクラウドファンディングに挑戦!(https://www.toua-u.ac.jp/archives/21565)