• イベント
  • スポーツ健康学科

柔道整復コース|「第6回JAL向津具ダブルマラソン大会」マッサージエイドをサポート

スポーツ健康学科柔道整復コースの学生たちが、6月12日に開催された第6回JAL向津具ダブルマラソン大会で、マッサージエイドのサポートをおこないました。

柔道整復コースで学ぶ学生たちは、国家資格である柔道整復師を目指し、勉強と実習を積み重ねています。下関海峡マラソンをはじめとする山口県内で開催される各種スポーツイベントに医務係などのボランティア・スタッフとして参加しており、JAL向津具ダブルマラソン大会には第3回大会からサポートしています。

柔道整復師とは、「接骨院・整骨院・ほねつぎの先生」として知られる医療技術職です。おもに捻挫や打撲、骨折、脱臼などのケガを治療するほか、運動療法、運動指導もおこないます。

骨折や脱臼を手技で元の位置に戻したり、包帯やテーピングで固定するなど、ケガの発生から治癒まで全てに関わることができる国家資格です。学生たちは、解剖学・生理学・運動学などの基礎医学に加え、ケガの治療やリハビリテーションなどを学んでいます。

JAL向津具ダブルマラソン大会は、シングルマラソン(距離42.195km)だけではなく、その倍の84.39kmを走るダブルマラソン、30kmを歩く棚田ウォークなど、早朝からランナーやウォーカーのみなさまが参加しています。

そのため、ゴールを迎える頃には疲労困憊の方がほとんど。あしの疲れを、柔道整復コースの学生たちがマッサージでサポートさせていただきました。

マッサージをお受けいただいたみなさまには、とても喜んでいただくことができ、学生たちにとっても授業で学んだ知識を実習させていただく、貴重な体験となりました。

学生たちは、山口県内で開催される数多くのスポーツイベントに医務係などのボランティア・スタッフとして参加しています。みなさまの地域でボランティアが必要なときには、お気軽にお問い合わせください。

また、東亜大学(JR新下関駅から徒歩10分)内に附属接骨院も開設しています。東亜大学教員でもある柔道整復師が施術します。お近くのみなさまは、ぜひこちらもお気軽にご利用ください。

■開院時間
月・水・金(12:00〜13:00をのぞく9:00〜18:00)、火・木(予約のみ)
学校行事により休診になる場合がございます。詳しくはお問合せください。

■予約・問い合わせ
080-1947-4211 または 090-7342-8178

■場所
正門から入って正面にある7号館1階(無料駐車場あり)