• イベント
  • トータルビューティ学科

トータルビューティ学科|モナスティール大学との石けん開発でクラウドファンディングに挑戦!

トータルビューティ学科の学生たちは、今年8月にチュニジア共和国で開催される第8回アフリカ開発会議(TICAD8)に向けて、チュニジアのモナスティール大学ヘルスサイエンス学科(Higher School of Health Sciences and Techniques, Monastir University)の学生たちと一緒に、チュニジア産原料を使った石けん作りに挑戦しています。

第8回アフリカ開発会議(TICAD8:The 8th Tokyo International Conference on African Development)とは、日本政府が主導し、国際連合、国連開発計画、世界銀行、アフリカ連合委員会と共同で開催されているアフリカの開発をテーマとする国際会議です。

東亜大学は、日本とアフリカ諸国の学術交流、アフリカ人材育成への貢献を目的にモナスティール大学と大学間学術連携協定を締結し、トータルビューティ学科の平松隆円准教授とモナスティール大学ヘルスサイエンス学科(Higher School of Health Sciences and Techniques, Monastir University)のMohamed Ridha Hachana准教授が中心となり、両大学の学生が石けん作りをおこなうプロジェクトをスタートさせました。

トータルビューティ学科の学生たちは、これまで東亜大学で講演くださった「ペシャワール会」の中村哲さんや「ロシナンテス」の川原尚行さんからアフリカで衛生環境を改善し、維持していくことの難しさを学んだことで、子どもたちをはじめみんなが気軽に使用でき、衛生を維持できるようなプロダクトを作ることが大事なのではないのかと考え、ヘルスサイエンス学科の学生たちに提案し、石けん作りに取り組んでいます。

すでにモナスティール大学の学生たちは、石けんに利用できるチュニジア産原料のリサーチや試作品作りをおこなっています。またトータルビューティ学科の学生たちは、試作品の評価試験や改善点のアドバイスなどをおこなっています。

現在は、アフリカの子どもたちが楽しみながら手洗いをしてくれるようなカタチやパッケージのデザインを、学生たちは一緒に考えています。

新型コロナウイルス感染症の影響による原材料価格の高騰や物流の遅れなどから試作品作りも簡単にはすすまないものの、オンラインで意見交換をおこないながら、学生たちは石けん作りをすすめています。

プロジェクト実施にかかる原材料費、販売にかかる経費などはお互いのチームの持ち出しで負担していますが、新型コロナウイルス感染症の影響による原材料価格の高騰などにより、特にモナスティール大学の負担が大きくなっています。

そこで学生たちは、プロジェクトにかかる想定費用100万円のうち、半分の50万円を目標にクラウドファンディングに挑戦し、石けん開発を実現するためにみなさまからの応援をお願いすることにしました。

ぜひ、リンク先のクラウドファンディングページをご覧いただき、学生たちへの応援をよろしくお願いします。


【東亜大学×モナスティール大学】チュニジア産原料を使った石けんを現地で作り、広めたい! https://kaika-crowdfunding.jp/project/detail/77


■参考
チュニジア「モナスティール大学」とプロジェクトをスタート https://www.toua-u.ac.jp/archives/20321

モナスティール大学で試作品作りが進行中 https://www.toua-u.ac.jp/archives/20735

チュニジアンソープ試作品の評価テスト実習を実施 https://www.toua-u.ac.jp/archives/21497

チュニジア共和国モナスティール大学とオンラインで合同授業を実施 https://www.toua-u.ac.jp/archives/21525


■応援コメント
アフリカは、21世紀最大のフロンティアである一方、紛争や貧困など多くの課題に直面しています。また新型コロナウイルス感染症は、保健・医療面を始めとして、アフリカが抱える脆弱性を浮き彫りにしました。第8回アフリカ開発会議(TICAD8)@チュニジアに向け、日本とチュニジアの学生がアフリカ地域の衛生環境、貧困、雇用の改善を目的にとしたこの取り組みは大変素晴らしく勉強させて頂きました。大きなプロジェクトのご成功と、皆様のご活躍を心より祈念致しております。(参議院議員 江島潔様)

アフリカ開発協会ではビジネスもさることながら、未来を担いアフリカと日本の懸け橋となる若者を応援しています。TICAD8に向けて東亜大学とモナスティール大学の学生たちをつなぐ一助を担え、またこうしてプロジェクトを拡大していくお手伝いをできることは大変喜ばしいことです。日本とアフリカの学生が知恵を出し合って、環境、衛生、貧困、そして起業と様々な要素に取り組むこの企画を、是非、応援いただきますようにお願いいたします。(一般社団法人アフリカ開発協会会長 矢野哲朗様)