• イベント
  • トータルビューティ学科

トータルビューティ学科|JALとの2022年度産学連携キックオフミーティング開催

東亜大学と日本航空(JAL)は、連携協定を結び、山口県の地域活性化や日本航空の社員と東亜大学の学生の人材育成をおこなうために、いろいろな取り組みをおこなっています。

そのなかの一つに、芸術学部トータルビューティ学科の平松隆円准教授が学生たちと取り組むEthics of Beaut Project(エシックス・オブ・ビューティ・プロジェクト)があります。

このプロジェクトでは、サスティナビリティ、フェアトレード、オーガニック、ローカルメイド、ソーシャルプロジェクトなどの観点から、ひとや動物、環境社会にとって「美」とはなにかを考え、SDGsを達成できるプロダクトやサービスの開発に取り組んでいます。

2020年より、日本航空の客室乗務員をはじめとするスタッフの協力を得て、ネイルシールなどを企画してきました。

3年目となる2022年度も引き続き日本航空の協力を得て、プロジェクトは次のステップへと進んでいきます。

4月12日、ふるさと応援隊に所属するチーフキャビンアテンダントの竹下容子さんを交え、長藤皇斗さん(豊国学園高校出身)、岩谷美佳さん(八幡高校出身)、亀田結衣(サビエル高校出身)、佐藤有哉さん(盈進高校出身)、矢口芽衣梨さん(稲築志耕館高校出身)、横谷太紀さん(育英高校出身)、𠮷田陽さん(北九州市立高校出身)、趙乗課さん(上野法科ビジネス専門学校出身)らが、キックオフミーティングをおこないました。

プロジェクトを率いる平松隆円准教授からこれまでの経緯の説明があり、その後自己紹介を交えつつ、プロジェクトに対する意気込みなどを学生たちは発表しました。

東亜大学とJALは連携事業を通じて、学生たちに多様な教育の機会を提供すると同時に、山口県に地域活性化のために取り組んでまいります。

◆参考
トータルビューティ学科 https://www.toua-u.ac.jp/archives/6387

ETHICS OF BEAUTY PROJECT https://etob.jp