• イベント
  • トータルビューティ学科

トータルビューティ学科|「Christmas Creation 2021 Fashion Show & Exhibition」メイクボランティア参加

日本のクリスマス発祥の地といわれる山口市。室町時代にフランシスコ・ザビエルがキリスト教の布教を今の山口で許され、日本国内で初めてクリスマスが祝われたといわれています。

毎年、12月1日の「やまぐち光誕祭」を皮切りに、1か月にわたり様々なクリスマスイベントが開催されています。

山口県立大学が主催する「Christmas Creation, Fashion Show & Exhibition」もその一つです。このイベントは、 山口県内の若者が力作を披露する「デニム・ファッションデザインコンテスト」をはじめ、山口県立大学国際文化学部文化創造学科の学生たちや招待デザイナーによるファッションデザインコンテスト。芸術学部トータルビューティ学科は例年、ヘアメイクのスタッフとして協力をしています。

「Christmas Creation, Fashion Show & Exhibition」は2002年からおこなわれており、今年は記念すべき20回目。12月12日(日)に、KDDI 維新ホールを会場に開催されました。

ヘアメイクスタッフとして、3年生の鈴木祐実歌さん、2年生の内田かのさん、太田萌香さん、岡美月さん、清本純菜さん、小林友希乃さん、杉本有美さん、波賀彩華さん、1年生の長藤皇斗さん、葦川佳世さん、井上萌果さん、岩谷美佳さん、枝木彩華さん、亀田結衣さん、佐藤有哉さん、高橋美鈴さん、千葉万和さん、矢口芽衣梨さん、横谷太紀さん、𠮷田陽さん、湧田夏萌さん、ZHAO CHENGKEさんが参加し、ファンションデザインに合わせたヘアメイクをモデルたちに施していきました。

ヘアメイクはファンションショーでは、ファンションデザインを引き立てる裏方ではあるものの、デザインされたファッションのコンセプトがより見ている人に伝わるように、学生たちは一生懸命に取り組みました。

今後もトータルビューティ学科の学生たちは、授業で習ったことを実践に生かせるように練習を積み重ねていきます。