• イベント
  • トータルビューティ学科

トータルビューティ学科|Blitz Kidsヘアスタイルに挑戦!本田真一客員准教授による美容実習

東亜大学では、美や装い/粧いについて科学の視点から研究をおこない、主体的に美を創造し提供できる豊かな感性と見識をもつ人材育成をおこなうため、4年制大学として日本で初めて、美容師国家資格取得が目指せるトータルビューティ学科を設置しています。

技術を身につけ、資格取得を目指すだけの専門学校とは違い、東亜大学では高い美意識とセンス、美容室を経営していくために必要なビジネスマインド、急増する外国人顧客に対応できる国際感覚 / 語学力を身につけることを目指しています。その一環として、定期的に世界の一線で活躍するプロの教授陣から授業を、学生たちは受講しています。

11月13日、AVEDA JAPANクリエイティブ・ディレクターでもあり、Vivienne West Wood、Paul Smith、HERMESなど100本以上のメゾンコレクションをチーム・ディレクターとして担当した本田真一(Masa Honda)客員准教授による授業をおこないました。

今回の授業のテーマは、「Blitz Kids Bob Hair Style」。Blitz Kidsとは、1979年から80年にかけて、ロンドンのコヴェント・ガーデンにある「Blitz」の火曜日のクラブナイトに頻繁に参加していたグループのこと。ニューロマンティックというサブカルチャーのムーブメントを起こしたといわれています。

学生たちは、本田真一客員准教授のレクチャーを受けながら、Blitz Kidsの両性具有的なイメージを強調したファッションにあわせたボブ・ヘアスタイルを制作していきました。



今回の授業を受講したのは今年入学した1年生でしたが、国家試験のための基本的な技術とは大きく違う本格的な本田真一客員准教授のテクニックを学びながら、制作をすすめていきました。

トータルビューティ学科で学ぶ学生たちはカットの技術だけではなく、日頃は大学としての教養科目やファッションや美容に関する専門科目も学んでいます。そのなかで、芸術学部らしくデッサンなどを学ぶ授業もあり、自分が表現し制作したいヘアデザインを具体化させるため、頭のなかのイメージをデッサンに落とし込むということをおこなっています。

そのかいもあってか、学生たちは自由な発想のなかでオリジナルの「Blitz Kids Bob Hair Style」を仕上げていきました。

本田真一客員准教授も、「Blitz Kids Bob Hair Style」の基本をデモンストレーションしながら、カット技術だけではなく、学生が表現したいボブ・ヘアスタイルを制作するためには、どのようにどれくらいの長さをカットすればいいかなどを学生一人ひとりに個別指導。

学生たちにとっては、多くのことを学ぶ機会となりました。