• イベント
  • 健康栄養学科

第6回高校生「下関」カレー甲子園開催!

管理栄養士課程を有する東亜大学が、高校生に食の創造を通してこの分野への興味や関心を持っていただき、ものづくりやチャレンジすることの大切さを体験する機会を提供することで、地域創生や人材育成につなげることを目的に、下関市、下関市教育委員会の後援をいただき「高校生『下関』カレー 甲子園」を開催しました。

今年のテーマは「食品ロス」。消費者庁によると、日本では毎日国民一人あたり約130g(お茶碗1杯分)が廃棄されているそうです。世界では6番目に多く、国民一人当たりの廃棄量ではアジアでトップです。
カレーだからこそできる‼野菜を丸ごと使い切り、リメイク料理、エコクッキングなど、様々な視点から自由に「食品ロス」にちなんだレシピを募り、228の応募をいただき、その中から一次審査を通過した6組の高校生が、制限時間90分のなか、日ごろから鍛えた腕を競い合い、クオリティの高い作品に仕上げていきました。

厳正なる審査の結果は以下のとおりです。

【東亜大学 学長賞】
古門 桜和さん (山口県立 厚狭高等学校)
「Yamaguchi スパイシーピラフ&フルーティカレー ~一杯の小さな社会貢献~」

【中国料理 敦煌 総料理長賞】
寺中 愛那さん (山口県立 山口農業高等学校)
「野菜たっぷり肉をつかわないキーマカレー」

【JAL賞】
石井 実さん (私立 宇部フロンティア大学付属香川高等学校)
「夏野菜カレー」

【下関観光コンベンション協会 会長賞】
花田 雄賀さん (山口県立 長府高等学校)
「まるごと野菜でビタミンチャージ ゲーンデーン」

【シーモール下関専門店街賞】
菊竹 雛姫さん・野村 朱花さん・三戸 幸さん (私立 福岡第一高等学校)
「野菜まるごと使い切り カレーキッシュ」

【医療学部 学部長賞】
福川 結菜さん・池田唯紗さん(田部高等学校)
「ピリッとカラッと!カレー親子丼」

テーマはまだ未定ですが、2022年度も【第7回 高校生「下関」カレー甲子園2022】を開催いたします。
多くのレシピをお待ちしております。