• イベント
  • トータルビューティ学科
  • 地域連携

トータルビューティ学科|大浦海岸でJAL・長門市と清掃ボランティア実施

山口県長門市油谷の大浦海岸で、トータルビューティ学科の学生と日本航空スタッフ、JAL向津具ダブルマラソン実行委員会や長門市の職員有志により、海岸清掃を10月30日に実施しました。

これまで東亜大学、日本航空、JAL向津具ダブルマラソン実行委員会・長門市は、例年6月に開催されるJAL向津具ダブルマラソンを通じて連携を深めてきました。

JAL向津具ダブルマラソンは、CNNの「日本の最も美しい場所31選」に選ばれた元乃隅神社をはじめ、東後畑棚田などの風光明媚で神秘的な景観あふれる向津具(むかつく)半島を舞台に、フルマラソンの2倍の84.39kmを走るマラソン大会です。

向津具半島には昨今、ペットボトルや廃ポリタンクなど、海外製品を含む様々な漂流ごみが漂着しています。これまでも、JAL向津具ダブルマラソンの開催に合わせた継続的な清掃活動を実施してきました。

しかしながら、新型コロナウイルス感染症の影響による2年連続でのJAL向津具ダブルマラソン中止により、現在は漂流ごみが向津具半島の海岸に残置された状況となっています。

そこで、山口県の豊かな海を守るため、東亜大学、日本航空、JAL向津具ダブルマラソン実行委員会・長門市それぞれのボランティアによる海岸清掃を実施しました。

この清掃活動は、SDGs(Sustainable Development Goals)の「11:住み続けられるまちづくりを(世界の文化遺産や自然遺産を保護し、保っていくための努力を強化する。)」「12:つくる責任、つかう責任(地域に仕事を生み出したり、地方の文化や特産品を広めるような持続可能な観光業に対して、持続可能な開発がもたらす影響をはかるための方法を考え、実行する。 )」「14:海の豊かさを守ろう(海洋ごみや富栄養化など、特に陸上の人間の活動によるものをふくめ、あらゆる海の汚染をふせぎ、大きく減らす。)」の達成も目指しています。

海岸清掃には江原達也市長も参加。江原市長からは「向津具半島の海岸には多くの漂流ごみが取り残された状態となっています。今回、日本航空・東亜大学のみなさんに協力いただき、海岸清掃をおこなうことになりました。新型コロナウイルス感染症がこのまま収まり、来年のJAL向津具ダブルマラソンを万全の状態で開催できればと思っています」とあいさつがありました。

また、日本航空の山口支店の小林信也支店長は「海岸清掃を行うことはSDGsの活動にもつながります。海岸清掃を通して、長門市の美しい海、豊かな自然を満喫してほしいと思っています」とはなされました。

海岸清掃は2時間という短い時間でしたが、それでもペットボトルや漁獲用のネットなどの漂着ごみが多く回収することができました。

参加したトータルビューティ学科の学生のひとりは「想像していた以上に漂流ごみがあったので驚きました。今回の海岸清掃で、長門市の海が少しでも綺麗な海になってほしいと思います」と感想を話しています。

これからも東亜大学は、地域とともに歩む大学として活動していきます。