• イベント
  • クラブ・サークル
  • 剣道部

剣道部|全日本学生剣道優勝大会で健闘

10月24日(日)大阪市のエディオンアリーナにて開催された第69回全日本学生剣道優勝大会に本学剣道部が出場しました。

1回戦は北信越地域の強豪金沢大学との対戦。試合は藤山達矢選手(スポーツ健康学科2年生)と、藤井颯選手(スポーツ健康学科3年)の鮮やかな2本勝ちもあり、見事に初戦突破。

続いての2回戦は全国大会最多優勝を誇る国士舘大学との対戦。相手に不足はなく、心待ちにしていた組み合わせに部員一同気持ちをひとつに戦い前半リードされ、結果的に惜敗となりましたが、なかでも副将の林大輝選手(スポーツ健康学科4年生)と大将の藤井颯選手は名門国士舘大学の副将・大将の選手を相手に堂々たる試合を繰り広げ、2本勝ちを収めました。

(国士舘大学は本学剣道部との対戦に勝利した後にも決勝まで勝ち上がり、本大会で準優勝を果たしています。)

今月末には、前々回大会で優勝した中四国の新人戦(1・2年生出場)も控えており、剣道部ではさらなる活躍を目指して日々の稽古をさらに頑張って参ります。


1回戦の対戦前の整列


右田監督からの指導


林選手の1本


藤井選手の1本


会場玄関にて