• イベント
  • イベント
  • 医療工学科

2021年度「実験動物慰霊祭」

2021年9月24日、櫛田宏治学長および教職員参列のもと、2021年度実験動物慰霊祭を執りおこないました。

これは医療工学科獣医看護学コースをはじめ、東亜大学の研究・教育に貢献した実験動物に対する供養と感謝の念を捧げるためおこなわれたものであり、櫛田学長の挨拶、献花のあと、参列者全員が黙祷して動物の霊を慰めました。

本年度は新型コロナウイルス感染症対策のため人数に制限をかけて実施しました。

東亜大学医療工学科獣医看護学コースでは、実際の動物たちを相手に、実習や実験をおこなうため、犬やネコなどの動物を飼育しています。

動物たちの尊い命は、学生や院生の実習や実験に供され、教育において多大な貢献をもたらしました。生命科学の目覚ましい進歩は、数多くの実験動物の犠牲のうえに成し遂げられています。犠牲になった実験動物たちの命に報いるためにも、よりいっそうの研究・教育に従事していくことを誓います。

尊い命を捧げ犠牲となった多くの実験動物に対し、謹んで感謝と敬意の念を表します。