• イベント
  • 医療工学科

獣医看護学コース|下関市動物愛護管理センターを見学

東亜大学医療工学科獣医看護学コースの2年生が下関市動物愛護管理センター(動物ふれ愛ランド下関)を見学し、動物愛護について研修しました。

下関市動物愛護管理センターは、「人と動物が共生できる明るい社会」をつくるための総合的な動物愛護管理行政の拠点として、2009年に市の施設として開設されました。

主な業務は、飼育できなくなった犬や猫の引取り、また飼育を希望する人への譲渡、狂犬病予防法に基づく犬の登録や鑑札の交付、亡くなったペットの火葬、犬のしつけ教室などです。

学生たちは、下関市動物愛護管理センターの業務内容と動物愛護の重要性について講習を受け、管理棟、愛護棟、ふれあいサークルなどの施設を見学しました。

学生たちにとって、動物看護師(愛玩動物看護師)の資格取得を目指して、学習や研究を大学でおこなっていますが、今回の見学により、動物愛護の重要性を身をもって再認識し、小さな命を慈しむことの大切さを気づく機会となりました。