• イベント
  • アート・デザイン学科
  • トータルビューティ学科
  • 地域連携

下関宅建協会「学生リフォームコンペ」で2名が表彰されました

1月26日(金)、一般社団法人山口県宅建協会下関支部の創立60周年記念会合が下関市内のシーモールパレスで開催され、本校から芸術学部長アート・デザイン学科の川野裕一郎教授と大久保裕文教授、それに学生2名の計4名が招待されました。

下関支部の記念事業は、1部の創立60周年記念講演会、2部の記念式典、そして3部の記念祝賀会の3部制で、2部と3部に参加しました。

2部の記念式典で、芸術学部アート・デザイン学科2年生の新見詠未君とトータルビューティ学科2年の小林涼也君が、アパートインテリア改修設計の学生リフォームコンペで優秀賞を受賞し、表彰状と記念品を頂きました。3部の祝賀会は、山口県下の宅建協会8支部の会員と地域関係者の170名ほどの参加で、イベントを交えた食事会が催されました。

山口県宅建協会は、優良な宅地建物取引業を営む8支部の会員数900名ほどで、下関支部は、会員数が最も多い団体です。今後も、東亜大学の地域社会への健全な関わりを広げていけばと思います。

image001.png

image002.png

image003.png