• イベント
  • イベント
  • 国際交流学科
  • 地域連携

公開講座「黄暁芬教授 三国志を語る」(コミュニティクラブ東亜設立15周年記念)

2019年10月29日、コミュニティクラブ東亜設立15周年記念特別公開講座として、国際交流学科の黄暁芬教授が「三国志を語る」と題して公開講座を開催します。

コミュニティクラブ東亜とは、東亜大学の教職員、学生が三位一体となってスポーツ、文化、芸術活動に親しみ自己実現並びに健康増進活動を行い、会員相互の交流を計り、明るく豊かな生活に資することを目的として、2005に設立されました。東亜大学が学内の施設や研究資源を提供し、地域住民が主体的にスポーツ、文化、芸術などの継続的なクラブや講座プログラムの体験を通して会員交流の活動をおこなっています。

今回の記念講演会では、現在、九州国立博物館で開催中の三国志展にあわせ、三国志をわかりやすく解説します。


■日 時
2019年10月29日(火)10時30分~12時00分

■会 場
東亜大学13号館2階教室
(山口県下関市一の宮学園町2-1)

■受講料
300円(資料代含む、学生は無料)

■講 師
黄暁芬(東亜大学人間科学部国際交流学科教授、博士)
京都大学大学院修了。専門は歴史考古学。主な著作に『ユーラシア古代都市・集落の歴史空間を読む』『中国古代葬制の伝統と変革』(ともに勉誠出版)など。

■公開講座に関するお問い合わせ
コミュニティクラブ東亜事務局(TEL: 083-250-5032、Email:cct2008[@マーク]water.ocn.ne.jp)