• イベント
  • 国際交流

「第3回日本文化体験研修」に韓国の高校生が参加

2019年7月22日、東亜大学で開催した「第3回日本文化体験研修」に、韓国の高校生55名が参加しました。

研修には、高校生だけではなく、高校の教員や保護者なども参加。総勢86名が参加しました。

参加したのは、永楽醫療科学高等学校、韓国未来少年環境團、一山高等学校、馬山舞鶴高等学校、OK日本語学院、 GO TO JAPAN学院、ソウル観光高等学校、能仁高等学校、Sejeong商業高等学校、大辰高等学校、中山高等学校、聖義高等学校です。

歓迎プログラムもかつてなく充実したものとなり、国際交流学科の留学生による下関の観光スポットの紹介やアート・デザイン学科での学生作品の鑑賞、現代アート体験、陶芸工房でのコップ作り、医療工学科救急救命コースの授業紹介から役に立つワンポイント日本語講座にいたるまで、今回も多様な体験学習が用意されました。どのプログラムも盛況で、爽やかな活気に包まれていました。

芸術学部アート・デザイン学科に受験を希望している一山高等学校のチョ・ミンキュさんとソ・ソンキョンさんは、体験学習や学生交流会などを通じて東亜大学での学生生活ついて、色々聞けて本当に良かったと、安心の表情を浮かべて話してくれました。