• イベント
  • トータルビューティ学科

平松隆円准教授に日本繊維製品消費科学会「若手育成基金による研究奨励金」を授与

2019年6月29日に、奈良県の奈良女子大学にて開催された、一般社団法人日本繊維製品消費科学会の2019年度年次大会(創立60周年記念大会)にて、芸術学部トータルビューティ学科の平松隆円准教授に対して、一般社団法人日本繊維製品消費科学会より「若手育成基金による研究奨励金」が授与されました。

一般社団法人日本繊維製品消費科学会は、繊維製品消費科学に関する研究の進歩と普及、学術の発展に寄与することを目的に1960年に設立されました。同研究奨励金は、40歳未満の日本繊維製品消費科学会の会員が、論文(報文)のファーストオーサーとなって学会誌に投稿し、掲載許可された論文を対象に授与されています。

今回、平松隆円准教授の「青年男女の化粧基準を規定する 個人差要因(自意識・他者意識)の日タイ比較」が評価され、学会長である大矢勝・横浜国立大学教授より、「若手育成基金による研究奨励金」が授与されました。

平松隆円准教授は、世界でも類をみない化粧研究で博士(教育学)の学位を授与されており、化粧心理学や化粧文化論の研究では、第一人者です。現在は、芸術学部トータルビューティ学科の学科長も務めており、4年制大学として初めて美容師免許取得が目指せるトータルビューティ学科の教育の充実に貢献しています。