• イベント
  • 医療工学科

下関市立安岡中学校で「心肺蘇生法」講習を実施

2019年6月19日、下関市立安岡中学校において、教職員30名を対象に東亜大学医療学部医療工学科の中尾龍幸准教授と学生6名が「心肺蘇生法講習」を実施しました。「救急処置が必要な場面で、AEDを使用して適切な応急手当ができるように心肺蘇生方を学ぶ」という目的で、例年安岡中学校で実施している講習会です。

東亜大学は、救急救命士の養成施設であるため、教育機関として実習用の人形も含めて、機材を豊富に所有しています。今回も少人数のグループに分かれて、細かく指導しました。

これから、暑い夏を迎えるにあたって、万が一に備えて教職員の皆さんは、熱心に心臓マッサージやAEDの取り扱いについて学ばれていました。

東亜大学では、「一つでも多くの命を救う」ため、積極的に普及活動に貢献していきます。