• イベント

2019年度「教職員の辞令交付式」をおこないました

「平成」の次の時代となる新元号「令和」が公表された4月1日。

東亜大学でも、新入生・在学生の一人ひとりの「夢をあきらめない」を実現すべく、専門分野の最先端で活躍している教員(実務家・研究者)や学生支援に長けた職員を招聘し、2019年度をスタートさせました。


首相談話で、「春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる」という願いを込めて新元号を決定したと報道されました。

東亜大学で学ぶ学生たちも、大学を卒業し、社会へと羽ばたくときに、「一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる」ように、教職員一丸となって学生たちのサポートをおこなっていきます。


学習面はもちろんのこと、初めての一人暮らしでの生活面での不安、友人関係・将来の就職など、どんなことでも相談してください。もし、学科の先生や大学の職員には相談しづらいなと感じたときには、健康相談室や学生相談室も活用してください。

新年度のスタートに際して訓示をおこなう櫛田宏治学長