• イベント
  • 国際交流

東亜大学はカンボジア・メコン大学と大学間学術交流協定を締結しました

平松隆円准教授(東亜大学)とBunny Wathanak Panha学長代理(カンボジア・メコン大学)


2019年3月13日、カンボジア王国にあるカンボジア・メコン大学(Cambodian Mekong University)との大学間学術交流協定に調印しました。

カンボジア・メコン大学は、2003年に設立された私立大学で、日本語ビジネス学科の卒業生は100名を超えます。日本語ビジネス学科という名前が示すように、日本語の授業にとどまらず、日本企業でのインターンシップはもちろんのこと、各種イベントでの模擬店経営などを通じて、実践的なビジネススキルを学んでいます。

カンボジア・メコン大学日本語ビジネス学科の教育実践は、東亜大学の教育理念と通じるものが多く、相互に連携を強めることで、相乗的な教育効果が得られるとの観点から、今回の大学間学術交流協定締結に至りました。

調印式には東亜大学より、櫛田宏治学長の代理として平松隆円准教授(広報部長 / 東亜大学ASEANセンター所長代理)がカンボジア・メコン大学を訪問しました。調印式後の意見交換では、カンボジア・メコン大学の日本語ビジネス学科を中心として、教員や学生の交流を積極的に推進していくこと、交換留学プログラムやダブル・ディグリー・プログラムを実施していくことなどが確認されました。