• イベント
  • アート・デザイン学科

楠本佳子さん(デザイン学部卒業生)「全日本サンボ選手権大会」初優勝!

2月10日(日)、東京都墨田区総合体育館において「第45回全日本サンボ選手権大会」(主催:一般社団法人日本サンボ連盟)が開催されました。


サンボとは、柔道とレスリングをもとに、旧ソビエト連邦で生まれた格闘技のことです。


7年続けて「プーチン大統領杯」のもと開催されている本大会で、デザイン学部(現芸術学部)卒業生(2期生)の楠本佳子さん(アブソリュート岡山)が、女子48kg級で初優勝を果たしました。また同時に、最優秀選手にも選出され、クリスタルカップを授与されました。


楠本さんは「ウラジオストクの女子サンボチーム『アマゾンカ』と一緒に練習しました。すごく刺激を受けて、サンボって良いなと思いました」と語っています。また、9年間大会に出場し、今回初めて優勝できたことに対して、「初めて勝てた試合なので、とても感慨深く、嬉しいです」と喜びを示していました。