• イベント
  • クラブ・サークル
  • 剣道部

東亜大学剣道部「2019年4月」までの活動報告

新しい年を迎え、気持ちを新たに稽古初めと大学から近い国宝の住吉神社へと初詣に参りました。

鏡開きのぜんざい会では、新成人の2年生部員を祝う会も行い、それぞれ目標を掲げスタートしました。


東亜大学剣道部の理念は、「勝打」。これは、道場に掲げてある、部旗に記してあります。

その意味は、「スピードやタイミングで打つ(打って勝つ)剣道ではなく、攻めて相手の剣を殺し技を殺し乗って打つ(勝って打つ)剣道を目指す」ということです。


昨年12月の「中・四国学生剣道新人大会」での優勝は、大きな自信となり、益々部員一丸となって頑張っていきたいと思います。目標を高く持ち精進してゆく日々は必ず、各々の成果となって社会に役立つものと確信しています。


2019年2月から4月までの活動計画
・都道府県大会(山口県予選)(2月17日)
・山口県警で稽古(2月23・24日)
・山口県国体予選(3月3日)
・熊本県八代市一般剣道大会(3月10日)
・卒業送別会(下関東京第一ホテル)(3月16日)
・新入寮生集合(3月23日)
・春季合宿(3月25日~30日)


東亜大学剣道場は、志ある皆様と共に稽古が出来る道場をと考えております。合同稽古会、練習試合等など随時検討してまいりたいと思いますので、どうぞご一報下さい。

これまで道場に足を運んで頂きました先生方、先輩方、企業の皆様、今後とも宜しくお願い申し上げます。