• イベント
  • トータルビューティ学科

広告作成実習の成果が『髪とアタシ』に掲載されます

トータルビューティ学科客員准教授のミネシンゴ先生は、東京や神奈川で美容師を経験後、月刊『Ocappa』(髪書房)や『ホットペッパービューティー』 (リクルート)の編集・営業を経て、現在は合同会社アタシ社代表社員として、美容文藝誌『髪とアタシ』を初めとする編集・出版に従事されています。


今回、トータルビューティ学科の1年生が授業の一環として、実際に次号発行の『髪とアタシ』に掲載される東亜大学の広告を作成しました。


授業では、出版業界や出版物が制作される過程について学んだあと、東亜大学の魅力や広告を見る人になにをを伝えたいのかなどをブレーンストーミングしました。そして、学生たちで広告に掲載する文章(キャッチコピー)やレイアウトなどを考え、広告に使用する写真の撮影などをおこないました。


自分たちが企画・制作した広告が実際にどのように掲載されるのか、学生たちはドキドキしています。ぜひ、書店で『髪とアタシ』を見かけられた折には、ご覧ください。

次号は3月に発行予定です。